« 2019年9月5日 日本代表 対 パラグアイ代表 | トップページ | 2019年11月19日 日本代表 対 ベネズエラ代表 »

2019年11月17日 U-22日本代表 対 U-22コロンビア代表

2019/11/20(水)

2019/11/17(日)日本/広島県・エディオンスタジアム広島
U-22日本代表 0-2(0-0) U-22コロンビア代表

――U-22日本代表は先月アウェーでU-22ブラジル代表に勝ちました。フル代表に定着している堂安と久保が加わったことで、サポーターの期待は大きかったようですね

賀川:いよいよ来年の東京五輪に向けて臨戦態勢に入りました。このスタジアムは愛称「広島ビッグアーチ」の名の通り、山の中にある大きな会場ですが、お客さんはほぼ満員。期待の高さが表れていましたが、チームとしては、課題が多かったようです。

――前半はスコアレス。堂安、久保が合流して日が浅く、まだまだチームにフィットしていないようにも見えました

賀川:攻撃の形をつくろうとしていましたが、相手のプレッシャーが強くて、中盤や最終ラインの選手が孤立して、ボールを失ったり、つなげそうな場面で蹴ってしまったり、どこか落ち着かない展開でした。日本の場合は、サイドに重点を置くなら、どちらかのサイドに人数を集めてボールをキープするとか、試合中に自分たちのプラスになるところをみつけて、攻撃の形をつくれればよかったのですが、まだチームとしての形ができあがっていない部分がありました。チームの中心になる選手がいるはずなんですけれど、それがまだはっきりしなくて、機能していない感じでした。だから見ていても、チームとしてボールをどこに運ぶか、よく分からなかった。日本の場合は伝統的にフルバックも攻撃に参加して、サイドからある程度の時間、ボールを持って攻めるという形にしないと、いい攻撃の形はつくれません。早く中央にボールを回してという形では、なかなかうまくいかない。中央に、早い、強い、うまい選手がいれば、そのやり方でもいいし、いるときは強いのですが、センターフォワードも前半と後半で変わりました。実際にやってみて、この選手を中心にやるんやというところまでいってないですよね。ただ日本は五輪開催国なので、予選が免除されます。予選敗退の可能性がないので、じっくりとチームをつくることができます。コンビネーションは練習だけではなかなかできあがりません。実戦を重ねてお互いの特長が分かってきて、熟成されるものです。

――コロンビアは出足が早く、日本は中盤でボールを失ったり、ミスパスもあったりして、苦しい時間帯が長かった

賀川:コロンビアには昔はバルデラマ、最近ではハメス・ロドリゲスらズバ抜けた選手がいましたが、ブラジルのように毎年スーパースターが出るような国ではありません。南米の上位クラスと対戦する場合は、日本特有の動きの量を増やして、人数をかけて相手のボールを取らないといけないのに、この日は動きの量が少なかった。フィジカルが強い欧州、個人のうまさやずるさがある南米に勝とうと思ったら、チーム全体で動きの量を増やさないといけません。相手よりも余計に1・3倍、いや1・5倍ぐらい動くつもりでないと勝てないわけですよ。

――後半に2失点。修正できませんでした

賀川:後半2分に相手が先制。相手が普通に左からクロスをあげて、こぼれたところを詰める、難しいことをやられているわけじゃないのに、失点してしまった。ひとつひとつのプレーを相手に先にやられているから、こうなってしまいます。そうならないためには人数をかけて、相手がボールを回しはじめたり、左右にボールを振られる前に止めてしまわないといけません。1人ずつでやっていては止められないので、どこかで1人半、余計に動かないといけない。日本のレベルは確かに上がりましたが、自分たちがうまくなったと思わないで、心の奥では自分たちは下手なんやと思ってやらんといけませんね。攻撃でも、いけると思ったらバックでもどんどん上がっていくとか、危ないと持ったらフォワードでもゴール前まで戻ってくるとか、長い距離を走る場面が少なかった。長い距離を走ることで数的有利が生まれ、おのずと道がひらけてくるわけです。日本はなんやかんやいうても、相手よりも走りまわる、そのやり方で今まで戦ってきたわけですから。それは何十年前から決まっているわけです。その原則を忘れたら、強い日本はできません。個人的な技術が上がっているといっても、そろってズバ抜けてうまくなっているわけではないですから。実際、この試合でコロンビアは少ない人数の局面でも余裕たっぷりでプレーしていました。

――堂安、久保はいかがでした?

賀川;堂安は相手のボールを取りにいったり、よくやっていました。球際も強い。A代表の中でもうまい方なのだから、相手の並の選手よりも、ひとつ上に出ないといけない存在です。それぐらいの気構えでやってほしいですね。中心選手ですから、自分の中でこれぐらい動いたからエエかと思ってはいけません。もっともっと動いてボールに絡めば、もっと展開が開けてきますよ。堂安が21歳で久保が18歳ですか。すでに能力が高く、欧州のトップリーグでプレーしている、いうなれば、このアンダーエイジ2人を森保監督がどう使いこなすか。オーバーエイジの起用も重要ですが、こちらも注目していきたいですね。森保監督はキルギスから帰ってきて広島で五輪世代を指揮し、終わったら今度はすぐに大阪に移動して、再びA代表を指揮ですか。このわずかな期間に何が足らなくて、今後何を植え付けていくか。A代表と五輪代表の兼務は本当に大変ですが、がんばってほしいです。

――新しい日本代表のユニホームはいかがですか

賀川:上下ともに青ですね。今回のユニホームはちょっとくすんだ感じカラーでしょうか。サポーターの評判はどうなんでしょう。1989年から91年まで、日の丸の赤にした時期もありましたが、それ以降はブルーに統一されていました。ユニホームというのは派手なものが多いですが、どちらかというと地味な感じでしょうか。サポーターは東京五輪に向けて、買い直さないといけませんね。

固定リンク | U-23日本代表