« 2019年6月5日 日本代表 対 トリニダード・トバゴ代表 | トップページ

2019年6月9日 日本代表 対 エルサルバドル代表

2019/06/11(火)

2019/6/9(日)日本/宮城県・ひとめぼれスタジアム宮城
日本代表 2-0(2-0) エルサルバドル代表

――久保建英の話はのちほど、たっぷりお伺いします。2戦続けて3バックで臨み、この試合では追加招集のFW永井謙佑が2ゴールを挙げました

賀川:永井はとても脚が速い選手で、2012年のロンドン五輪代表でしたね。このクラスの選手は本当にレベルが上がっています。自分たちの年齢層の日本代表のサッカーというのを彼らなりに持っているような印象を受けます。これまでの代表からメンバーが入れ替わっても、自分たちの特長、個人技に合わせたやり方を周囲が理解しています。従来の日本代表のサッカーの中に彼らなりの力に合わせたプレーがありました。永井のスピードもそのひとつ。だから見ていて安定感がありました。新しい日本代表だから、コンビネーションプレーがどうこうというのでなく、彼らの世代なりの呼吸というのが自然に出ている感じがしますね。

――前半19分の永井のゴールは冨安からのフィードを受けたカウンターでした

賀川:1点目も前半41分の2点目もサイドから縦に、ペナルティーエリアの根っこの深いところまで入り込んで、そこから中に入っての決定機でした。定石的ではあるけれども、定石的なことが新しいチームになって、顔ぶれが変わっても、できている。これまでの代表のサッカーのやり方に対する積み上げを感じますね。安心して見ていました。

――代表のFWはロシアW杯で活躍した大迫が抜け出ている感じで、次の名前が出てこないような状況でした。追加招集で得たチャンスを生かした永井は期待できますね

賀川:相手が遅すぎるのか、永井が速すぎるのか、とにかく自分の特長を出していました。あれだけの走力があって、国際試合でも一歩一歩、常に優位に立てれば、自信になるでしょう。単に速いだけでなく、トップスピードでボールを受けるときでも、あまりミスをしません。個人的な技術力も上がっているのでしょう。サッカーはこういうときは、やっている選手はおもしろいものです。見ている我々もそうです。相手は大変ですが。スピードがあるので、代表では途中出場の切り札タイプに分類されそうですが、2ゴールと結果を出したわけですし、スタメンを狙う気概でやってほしいですね。もちろん本人もそのつもりでしょう。

――FC東京の先輩、永井が前半で2点を奪ったので、森保監督は18歳久保建英を出しやすくなったのでは。後半22分からの登場でした

賀川:もっと久保を見たかったと思った人が多かったかもしれませんね。森保監督なりによくよく考えて、うまくA代表デビューさせましたね。

――94歳からみた18歳はいかがでしたか

賀川:落ち着いていますね。後半28分、右サイドでボールを受けた最初のプレーでドリブルをしかけて、左に持ち替えて、シュートまでいきました。シュートもインステップで蹴っていました。あの角度で低いボールならば、だいたいGKの守備範囲にいくので、引っかけ気味に、もう少しボールの下を蹴って、GKから遠いサイドのゴールの上を狙うような余裕があれば、たいしたものでしたが。そこまでできるかと思っていましたが、そこまで求めるのはぜいたくで、欲張りというものでしょうね。ファーストタッチからとにかく落ち着いたプレーの連続でした。ソツがない。入ってから20数分、ほとんどミスがなかった。うまいです。

――出てからしばらく久保にボールが集まってきませんでしたが、そのシュートを打ってから久保を経由しての攻撃が増えました

賀川:代表でレギュラーを争う同じような立場の選手は競争しているわけですから、自分がシュートを打って点を取ってアピールしようと思っているでしょう。久保のことなんか考えていないでしょう。もうひとつ上の世代で実績のある大迫らは久保にボールを渡して、どんなプレーをするのか見たいというような考えがあったかもしれませんね。

――長くサッカーをみておられます。久保のような若い選手で印象に残っている事例は

賀川:釜本邦茂の10代のときと比べてどうや…という話になりますが、日本のレベル全体が上がっているので、単純に比較しにくいですね。釜本の場合は身体能力がずば抜けていた。体が強くて、ヘディングも負けない。グラウンドにドーンという存在感があった。天性のボールをとらえる力はありましたが、技術的にはこれからの選手だった。この素材をサッカー界としてどう伸ばしていくか、という存在でした。久保はサイズ的には普通の大きさですが、技術面で今のA代表の連中と比較すると、ボール扱いならば、上回るぐらいうまい。その上落ち着いていて、判断もよくて、常に周りを見ている。若いのに守備力もそこそこあって、相手のボールを奪い返しにいく。見ていて楽しいですね。と言ってもまだ18歳ですよ。23、24歳の代表レギュラーの中に入って普通にプレーしているわけですから。並の選手ならあそこに入っただけで、ボールを止め損なったり、ミスの1つ2つをやってもおかしくないです。ブラジルのネイマールも2014年のブラジルW杯のとき、チームで最年少でしたが、彼が引っ張っていました。どこの国にもそういう選手がいましたが、これまで日本にはいませんでした。久保のおかげで日本のサッカーの楽しみが広がりました。長生きするものですね。森保監督はがらりとメンバーが替わる南米選手権では中心選手として起用するのでしょうか。本気の南米勢を相手にどんなプレーを見せてくれるのでしょうか。楽しみですね。

固定リンク | フル代表