« 2018年11月16日 日本代表 対 ベネズエラ代表 | トップページ

2018年11月20日 日本代表 対 キルギス代表

2018/11/23(金)

2018/11/20(火)日本/愛知・豊田スタジアム
日本代表 4-0(2-0) キルギス代表

――森保監督は16日のベネズエラ戦からスタメンを11人入れ替えました

賀川:熱心にJリーグを観ているファンの方ならそうでもないでしょうが、サッカーを観るのは代表戦の時ぐらいという方には少々、なじみの薄い選手もいたでしょう。しかし、上手な選手ばかりでした。特に大柄な選手のボール扱いの技術が上がっています。日本サッカーの底上げ、レベルアップを感じた試合でした。

――4点入りました

賀川:今の日本代表の試合はおもしろいですね。お客さんも満足したでしょう。キルギスは局面でしっかりと競ってきましたが、日本はこの競り合いに勝っていました。中央アジアのチームはもっと体が強いと思っていましたが、こちらのレベルが上がっているのか、向こうが足踏みしているのか、これまでならば、ズバ抜けた選手が1人2人いて、対応するのに苦労することがありましたが、それがありませんでした。よく動いて、パスが繋がって攻撃するという日本の良さがよく出た、いいゲームでした。

――序盤にあっさり2点を先行。代表デビューの山中亮輔が前半2分、鮮やかに先制点を決めました。

賀川:そういう選手が出てくるということ自体が全体のレベルが上がっていることを証明していますね。

――左利きの左サイドバックは意外と少ない

賀川:左のフルバックは左サイドを走って、左足でセンタリングを上げる、昔でいう左のウイングと同じプレーを求められるので、絶対ではありませんが、左利きの方が、体の使い方が自然です。彼の左足のシュートは右のポストに当たって入った。ビビらないでシュートを打っていましたね。ボールが回ってきて、ヨッシャ…という感じで打っていました。心構えがいい。楽に力いっぱい蹴っていないので、正確に狙ったところに飛んでいくコントロールシュートだった。代表初出場の選手が大仕事をするというのは、チームの構成が良いからでしょう。全体的に余裕があるように感じます。個人個人のレベルアップをここでも感じます。

――無失点で終えました

賀川:三浦弦太も大柄ながら技術がありますね。ヘディングも強かった。経験豊富な吉田麻也、槙野智章がいますが、冨安健洋も出てきましたし、センターバックも人材が揃ってきました。

――GKはほとんど仕事がありませんでした

賀川:チーム全体で攻めに出て、攻撃で点を取れるというのが、非常にいい。伸び伸びとプレーしている。個々の選手の技術が高く、ボールを正確に止めることができ、ミスが少ない。欧州でプレーしている選手が、高いレベルにいるということが大きいでしょう。後半から出てきた大迫勇也、堂安律、中島翔哉、南野拓実のコンビネーションは期待できます。

――来年1月のアジア杯が楽しみです

賀川:当然優勝を狙いにいくでしょう。アジア同士の対戦となれば、ライバル意識があるし、この日のキルギスのように激しくきます。タイトルマッチになると、荒っぽいし、ファウルまがいのプレーも増えてくる。そう簡単には勝てないが、そういう相手とやるときでも今の代表チームは優位に立ちそうです。日本はパススピードが明らかに速くなっている。ノーマークのときは特にそうです。欧州のチームはもっと速いですが、ずいぶん近づいてきた。相手が寄ってくる前にボールを受けられるので、相手に引っかけられることが少ない。この試合でも4回ぐらいだったでしょう。個人のレベルもチームとしてのやり方も進歩しているので、アジア杯が非常に楽しみですね。

固定リンク | 日本代表(A代表)