« 2016年11月 | トップページ

2017年4月

2017年4月9日 日本女子代表 対 コスタリカ女子代表

2017/04/13(木)

キリンチャレンジカップ2017 ~熊本地震復興支援マッチ がんばるばい熊本~
2017/4/9(日) 19:04 熊本県民総合運動公園陸上競技場
日本女子代表 3-0(1-0) コスタリカ女子代表

3月のアルガルベカップでアイスランドとノルウェーに勝ち、スペイン、オランダに敗れたなでしこジャパンの今年の国内初戦が、キリンチャレンジカップとして
熊本で行われ、コスタリカ(FIFAランキング30位)に3−0で勝利した。

なでしこジャパンはワールドカップ優勝の澤穂希の時代から技術や戦術の高さだけでなく、活動量の点で相手チームを上回っていた。新しいなでしこもFIFA順位では格下のコスタリカを相手に、まず動きの量で勝っていた。日本の女子の技術レベルは、いま上昇中だが、国際舞台ではまず動きの量が必要で、この日はその点でまずますと言えた。ボールを左右のサイドへ散らし、フィールドを広く使うことで、フリーでボールを扱う時間が生まれ、そこを起点として攻撃を仕掛ける回数も多かった。

1点目は前半23分、ペナルティエリアいっぱい、正面近くからの横山の左足シュートだった。これは(1)右サイドでのキープから高木が内へ真横にドリブルして、ゴール正面の横山の足下へパス。(2)横山は右足インサイドで止め、(3)背後からマークする相手DFを左へかわして、(4)左足でシュート。(5)ボールはゴールキーパーの上を抜いてネットを揺らした。シュートレンジでボールを受けた相手のストライカーにタックルにゆかないで、間合いをあけていたところにコスタリカのDFの甘さが見られたが、ここはパスを受けて、ターンをしてシュートへ持っていった、日本のストライカー横山の能力の高さが発揮されたというべきだろう。もちろん、横山が右足で止めた時に、その右側を駆け上がった高木、右に開いた田中、左に上がっていった市瀬たちがいて、相手DF陣の中央へのマークを分散させていたことも覚えておきたい。

1−0となってからも、日本は攻撃の手を緩めず、コスタリカもドリブル攻撃を仕掛けて、互いに攻め合った。両チームともクロスを含めたラストパスの精度がもう少し高ければ試合はもっと緊迫したものになったはずだが…。またコスタリカは攻めながら守りを気にして前方へ送る人数が少ないために、攻撃の効果は小さかった。

後半に入って、コスタリカは挽回の意欲を高め、攻めに出てきた。ただし日本のゴールから25メートルあたりまでキープしながら、そこから先はゴール前への「放り込み」が主で、熊谷、市瀬たちはヘディングでも負けなかった。

互いの攻撃のなかで、日本側のチャンスが増え、スタンドでも、テレビの前でも期待が高まった29分に日本が2点目を決める。自陣でボールを奪い、ロングボールを送ったのを相手に防がれた後、相手DFのクリアキックが短くて、ハーフウェイラインに届かないのを佐々木(宇津木と後半18分に交代)が取って、すぐ前の長谷川へ。長谷川が左前方へ走った上野(横山と交代)にパス。上野がペナルティエリア左、すぐ外から中央へクロスを送った。ライナー性のボールがワンバウンドするのに、田中が左足で合わせた。自陣でボールを奪われたコスタリカは日本の左サイドからの攻めに対応できなかった。

勢いづいた日本はこの3分後にもチャンスをつくるが、シュートを蹴りそこない、その直後にも左CKのチャンスにヘディングしたがゴールにならなかった。

リードを広げられたコスタリカは、それでもゴールを奪おうと攻める意欲は衰えないが、日本は37分に3点目を加えた。左でボールを受けた長谷川からのグラウンダーのクロスを、右サイドで詰めていた籾木(中島と交代)が押し込んだ。

なでしこジャパンの快勝。後半に出場した交代メンバーを含めて、高倉監督の新しいチームの技術が高いことを示し、1対1の奪い合いでも相当な力を持っているように見えた。ここしばらくの日本代表を見ると、男子も含めてボールを扱う技術は平均して高いが、ボールを蹴る力、キックの力はいま一息のようにみえる。今度のなでしこも、それぞれのポジションに必要なキックの能力を高めることが必要だろう。

もちろん、澤穂希時代のなでしこの実績が華々しいので、それに比較される今の代表は大変だが、澤さんとその仲間たちも、ひたすら反復練習の繰り返しで、個人もチームも成長した。若く、いい素材が多いとされてるいまの「なでしこ」が再びかつての高みに上るためには、まだしばらく練習を重ねなければなるまい。コスタリカとの試合は、多くのサッカーファンの未来のなでしこへの期待を高めたと言えるだろう。

固定リンク | なでしこジャパン


« 2016年11月 | トップページ