« 2016年7月 | トップページ

2016年11月

キリンチャレンジカップから

2016/11/15(火)

――キリンチャレンジカップの記事で、代表の進歩について「ここまで来た」という言い方をしましたね

賀川:日本代表チームの選手個人の力も、チームワークも相当いいところに来ていると感じました。ピッチ上のそれぞれの局面で日本代表の一人ひとりがオマーン選手とのボールの奪い合いでもほとんど負けることはなかったからです。

――ミスが多いとも言っていました

賀川:はじめのうち、パスミスが多かったのは気になりました。それでも、代表チーム全体としてみれば、個人力もチーム力もずいぶん高くなっていると思いました。

――清武の充実ぶりを評価していましたね

賀川:個人的に清武がレベルアップしたことも、代表進化のひとつです。香川真司がケガなどで調子を落としているときに、同じセレッソの後輩ともいえる清武がトップ下の攻撃リーダーになってきました。

――もともと上手な選手でした

賀川:彼がセレッソに来たときに、香川たちがその上手さに驚いたそうです。彼のトラッピングはいつ見ても、ほれぼれします。相手がすぐ近くにいても、ボールを的確に扱える技術を持つ清武が経験を積んで、中盤で幅広く動き、ゴールにつながるパスを出し、自らも走って攻撃のリーダーを演じました。

――「伸びている」という勢いがありました

賀川:伸び盛りのプレーヤーがいると、チームが上向きになるので、とてもうれしいことです。そのことを清武は見せましたね。本人の能力からみれば、まだ上にゆくでしょうから、サウジアラビア戦のような重要な試合で、いい働きをしてくれるでしょう。

――山口蛍もいい働きをした

賀川:長谷部のようなベテランもいる日本の守備的MF陣に、これも伸びしろのある山口が加わってきました。ときにパスミスもありましたが、日本のMFグループでの明るい成長のひとつです。

――ハリルホジッチ監督が予選を通じてメンバーを数多く起用してきた成果があった

賀川:予選の、絶対に勝たなければ、という試合が続く間に、キリンチャレンジカップのような親善試合で選手の組合せをテストできるというのは、いまの日本代表にとって、とてもいい本番への準備になります。

――15日のサウジアラビア戦はどう見ますか

賀川:埼玉スタジアムというホームでの試合です。サウジアラビアは守りをしっかりしながらカウンターを狙うのが定石でしょう。日本代表はこのところ、自らのファウルでのFK、PKを与えることでピンチを招いています。タックルの入り方などは、当然復習していることでしょうが、正しいプレーを身に着けることはワールドカップの本番のためにも、あるいは自らのリーグでの活躍のためにも大切なことです。

――なんといっても、日本代表の動きの量と質でしょう

賀川:日本のホームで、しかも秋のサッカーシーズンです。気候的にはいくら走っても疲れを感じない、いい時期なのだから、代表イレブンはまず運動量で圧倒するくらいの気持ちでいってほしいですね。日本は攻撃も守備も、いつも相手以上の人数をかける形になります。その激しい動きのなかから相手の隙が生まれてくるはずです。

サウジアラビアにもいい選手がいるでしょうが、日本のスカウティングもしっかりしているから十分対応できるでしょう。全体にシュート力があがっていて、本数も増えているのが今の代表のいいところです。自信をもって攻撃からシュートに入り、そのこぼれ球を狙えば、ゴールは自ら生まれてくるでしょう。

ここで勝つことは、グループでの順位をあげることにつながり、次に向かっての大きなステップを積むことになります。

――日本中の皆さんの気持ちをひとつにするような、試合を観たいですね。

固定リンク | フル代表


2016年11月11日 日本代表対オマーン代表

2016/11/14(月)

キリンチャレンジカップ2016
2016/11/11(金) 19:20 茨城/茨城県立カシマサッカースタジアム
日本代表 4-0(2-0)オマーン代表

清武の充実ぶりが目立ち、攻めは彼を中心に展開された。前半の2得点は大迫が32分、42分に決めたものだが、1点目は左サイドからのクロスをゴール正面でヘディング。2点目は清武からのグラウンダーの縦パスを受けて決めた。

1点目の攻撃は、30分の右サイドからのクロスを大迫がトラップシュートしたところからはじまり、その第2波で清武がペナルティエリア左外から右足でクロスを送り、大迫がヘディングした。ボールの落下点には大迫の背後に本田も入っていた。

それまでの日本の右・左からの攻めで相手の5人の守りが崩れて、ノーマークになってゆく過程をスローで見直すと、とても面白かった。

2点目は右からつないで、ペナルティエリアの外を左へ動かしたボールを清武が相手DFラインの裏へスルーパスを通し、大迫が左から右にボールを持ち替えて、右足のサイドキックで左ポスト際へ決めた。密集防御地域のペナルティエリアいっぱいでの縦パスのつなぎと、相手の守りに大きなスキ(スペース)をつくった展開は見事だった。

こうした攻撃ができるようになってきたのが、従来からの同じ顔ぶれのチームでなく、試合ごとにメンバーを入れ替え、若い選手の成長とあわせて、チームが出来上がっているところに、今の日本代表の楽しさがあり、監督さんの苦心があるのだろう。

この日は代表チームのキャプテン長谷部を休ませ、MFは山口蛍と永木とした。攻撃のMFは右から本田、清武、齋藤、トップに大迫を配したスターティングメンバーの攻撃陣は、右の酒井宏樹、左の酒井高徳の攻め上がり(特に右サイド)を引き出し、サイドからの攻めも多く、前後半を通じて20本以上のシュートチャンスをつくった。

前回のオーストラリア戦では原口がゴールを決め、今回は大迫が目立つことになった。新しく起用される選手が、ここしばらくの日本サッカーの個人力上昇を背景に、ドリブル力があるのを見ると、かつての個人キープの少なかった日本代表を知る者には楽しいことだ。

メンバーを入れ替えつつ、チーム全体の攻撃力アップを図ってきた効果が4-0のスコアになったと言えるだろう。

もちろん、フレンドリーマッチであって、タイトルマッチではない。遠征してきたオマーンの代表にとっては、日本の秋のナイトゲームは気候的に楽ではなかったはず。そうした条件を考えると、4-0と言っても、手放しでよろこぶわけにもゆかないが、まずは日本代表の積み重ねと上達を知った今度のキリンチャレンジカップの値打ちはあったと見たい。

選手たちがこうした試合経験を足場に、サウジアラビア戦への準備をさらに積んでくれることを期待している。

固定リンク | フル代表


« 2016年7月 | トップページ