« 2015年6月 | トップページ | 2016年7月 »

2016年6月

2016年6月7日 日本代表 対ボスニア・ヘルツェゴビナ代表(下)

2016/06/15(水)

――スコアが1-1となってからも双方のボールの奪い合いや、攻めの意欲の高さがみられて、とてもおもしろかった。日本は前半44分に宇佐美がエリア内でのキープからシュートのチャンスがあった。ボスニアにもバーに当たったエリアすぐ外からのFKをはじめ、スタンドをひやりとさせるチャンスもあった

賀川:この日の期待のひとつは、浅野拓磨をスタートから90分使ったこと。今が伸びる時期とハリルホジッチ監督は見たのだろう。後半にも彼にビッグチャンスがあった。

――こういう時に点を取れることが大事なのですかね

賀川:後半のスタートから柏木陽介を遠藤航に代えた。2分すぎに浅野のシュートチャンスがあった。右から中へ入り、右足で蹴ったが相手の足に当たって勢いが弱まった。相手のシュートチャンスにも粘り強く守るボスニアのうまさの例だが、こういう相手のうまさ、粘っこさは対戦して体で感じるものだからね。そのボスニアの守りのうまさに日本側はキープして攻め込んでもなかなかいいフィニッシュに持ってゆけなかった。

――東欧ユーゴのサッカーというところですね。

賀川:後半初めの20分間は、日本がキープして攻勢のように見えていたのに、決定的なチャンスはなく、21分にボスニアがゴールを奪った。

――20分にボスニアが選手を代えた。MFのドゥリェビッチをステバノビッチに代えましたね。代わってすぐに彼がチャンスを作った

賀川:彼が右サイドのポジションに入ったときに、ボスニアにハーフウェイライン付近(中央右寄り)でのFKがあった。FKは日本のペナルティエリア右角の少し外に向かって飛び、ステバノビッチが内へトラッピングしてDFをかわし、小さなドリブルから左足でパスをエリア内へ流し込んだ。

――いいパスが出た。このボールを長身のジュリッチがゴールエリア右角前3メートルで追いつき、右足でダイレクトシュートした

賀川:フォワードとしては当然のことながら、右斜め前へ走って、後方からのパスをシュートした。ジュリッチの動作は全くそつのない、見事なものだった。

――吉田麻也は少し離されていました

賀川:シュートされたボールは、吉田の足間を抜け、GK川島の右手をかすめて左ポスト近くへころがった。

――ロングパスと、ステバノビッチのうまいトラッピングと、それに続くパスと、ストライカー・ジュリッチのダイレクトシュートの組み合わせだったが、こんなに簡単にゴールが生まれるのだという見本のようだった

賀川:相手がボールを受けるときに日本側のマークの間合いが遠くて、まるで練習での得点コースの型を見ているようだった。FKのときに新しいメンバーが入ってくる。ただそれだけの異変で日本側に心の空白ができたのだろうが、その空白を利用したボスニアの選手の「いま!」をつかむ試合巧者ぶりに脱帽というところだろう。

――1-2とリードされて、日本は攻め続けようとする。ボスニアはじっくり守り、時折カウンターを見せ、日本は同点にできなかった

賀川:この後も、とてもおもしろかった。日本には選手の組合せのテストもあり、リードされてからも4人の交代が入ったが、点は取れなかった。

――この対ボスニア戦を見ると、差は大きくないとしても、戦えば必ず勝てるとは言えないことがわかります。ハリルホジッチ監督は、試合の後の記者会見で、日本サッカーにはずる賢さが乏しいと嘆いていたそうですね

賀川:東欧の旧ユーゴスラビアの各代表チームには、試合の流れをつかむうまさがよく見られるのです。この試合は勝てなかったのだが、私は日本代表は少しずつ進化していると感じています。宇佐美は昨年に伸びて、ちょっと足ふみしてまた上に向かっています。浅野はもっと試合を重ねることと、監督・コーチあるいは先輩たちからいいヒントをもらえば、今年大幅に伸びる気がします。もちろんそのためには本人の努力も必要でしょう。

――イングランドの優勝チーム、レスターのFW岡崎慎司はどうでした?

賀川:レスターでの優勝は自身にはなるけれど、それで彼のプレーの幅が大きく増えたというわけではない。前残りのFWで、ボールの競り合いに特殊な才を持つ岡崎が代表でどう生きるかは代表全体の問題として話し合い、大きなプラスにしないともったいない話です。

――相手が守りに入ったときには結局得点できなかった

賀川:いつもの話になるが、ラストパスの精度とシュート力アップでしょう。クロスの高さ、強さ、落としどころなどのレベルアップです。これらのプレーは練習量(回数)に比例すると昔から言われています。日本代表でもそれを繰り返し上達したときに大会で成績を上げています。ワールドカップアジア最終予選を前にしたキリンカップは終わりましたが、選手たちにとっても、応援するサポーターにとっても、これからが大切な時期になります。9月に集結するときの選手たちのプレーがとても楽しみです。

固定リンク | フル代表


2016年6月7日 日本代表 対ボスニア・ヘルツェゴビナ代表(上)

2016/06/13(月)

キリンカップ2016
2016年6月7日 大阪/市立吹田サッカースタジアム
日本代表 1(1-1、0-1)2 ボスニア・ヘルツェゴビナ代表

――6月7日、大阪の市立吹田スタジアムでキリンカップ2016の3位決定戦と、決勝が行われ、3位決定戦でデンマークが4-0でブルガリアを破ったあと、決勝は大接戦の末、ボスニア・ヘルツェゴビナが2-1で日本を倒しました。1978年に日本で初めての本格的国際サッカー大会「ジャパンカップ」として創設されたこの大会は、5年ぶりに復活し、4か国の代表チームによるノックアウト方式によって優勝を争う新しい大会(トーナメント)となりました

賀川:4か国トーナメントのノックアウト方式だから、1回戦がいきなり準決勝になる。6月3日愛知の豊田スタジアムでまずボスニア・ヘルツェゴビナ(以下ボスニア)がデンマークにPK戦で勝利し、第2試合で日本代表が7-2でブルガリアに大勝した。日本代表の大量ゴールに、サムライブルーへの期待が大きく膨らんだのは言うまでもない。

――吹田での6月7日の試合は雨のなかだったが、35589人の観客がつめかけた。関西で神戸に次いで生まれた濡れないで観戦できるスタジアムですからね

賀川:ガンバのホームグラウンドが、ナショナルチームのホームにもなった歴史に残る日でもあった。

――3位決定戦ではデンマークが勝ちました

賀川:ブルガリアもがんばったが、力の差はあった。

――デンマークのGKシュマイケルはいかがでしたか

賀川:カスパー・シュマイケルの父親が1992年のEURO(欧州選手権)でデンマークが優勝したときのGKピーター・シュマイケルです。親子2代のデンマーク代表ゴールキーパーをナマの試合で見ることができてとてもうれしかった。父親とよく似た体つきで、大きくて、ガッシリして、ゴールキーパーというポジションでヨーロッパ勢は恵まれているという感じだった。92年のピーター・シュマイケルはデンマークの選手たちがうちには世界一のGKがいると自慢していたほど、オランダやドイツを相手に堅い守りを見せて、優勝に貢献したのを覚えています。

――まあ親子2代の活躍をナマで見せてもらえたのも、キリンカップのおかげですね

賀川:92年EUROでスウェーデンまで出かけたのは、1936年のベルリン五輪で日本がスウェーデンに勝った、その時のスウェーデンでの反響を確かめたかったこともあった。

――そのことが、「ベルリンの奇跡」(竹之内響介著)というドキュメントの監修をすることにつながりましたね。キリンカップにはたくさんの思い出がありますが、古い話はこれくらいで、試合にゆきましょう

賀川:残念な決勝でした。第1戦は本田圭佑を欠いても大勝した。第2戦は香川真司(第1戦で負傷)も欠いての試合で、本田と香川のいないこの代表には少し荷が重かったという感じだった。

――ボスニアはかつてのユーゴスラビアの一部で、ユーゴの選手は東欧のブラジルと言われたほどボールテクニックが巧みでした。今度のボスニアもそうでしたね

賀川:テレビをご覧になった多くのサッカーファンはご存知でしょう。まずどの選手もボールを持った時の形(姿勢)がいい。相当な長身でも、いい姿勢でボールを扱えるのにまず関心しました。

――日本代表は前半はその相手にジリジリと圧迫されたが、26分に先制ゴールを決めました

賀川:宇佐美が左から斜め内側へドリブルし、ペナルティエリア内に入って内側にパス。そこにいた清武が左足でダイレクトシュートを決めた。宇佐美をマークしたDFは間合いを取って並走するだけでつぶしにくることはなかった。ドリブルの途中で宇佐美が「一呼吸」遅らせた時には、「うまくなったな」と思いましたね。パスのタイミングもギリギリで、宇佐美のよさが一杯つまったゴールでしょう。

――1-0になって、チームもスタンドも喜んだが、すぐそのあとには同点にされました。それも、相手のキックオフで試合が再開してすぐのことだった。ボールを後方へまわし、最終ラインの右サイドからボスニアはロングボールを蹴ってきた。ボールは高く上がって、日本のペナルティエリアの10メートル手前に落下し、吉田麻也がホジッチと競り合いながらヘディングした。そのボールを長身のジュリッチが拾って、エリア外12メートルから丁寧にバックパス、このボールを受けたブランチッチが左足で右前方へ高いクロスを送った。ボールエリア中央右寄り手前に落ちてくるボールをホジッチがヘッドし、ボールがGK西川周作にあたってリバウンドしたのを後方からやってきたジュリッチが右足で右下に蹴り込んだ。

最初のロングボールのヘディングを拾われ、次の高いクロスのときに、最初に吉田と競ったホジッチが右ポストよりに動いたのに誰もマークにゆけなかった。

――シンプルな斜め後方からのクロスに相手の動きが先手をとっていた。

固定リンク | フル代表 | コメント (0) | トラックバック (0)


2016年6月3日 日本代表 対ブルガリア代表(下)

2016/06/06(月)

――2点目は香川のヘディングで決まりました

賀川:1-0になってから、しばらくしてブルガリアもボールをキープし攻めるようになった。彼らのヘディングが日本のゴールに向かって飛び、左右からの攻めでシュートチャンスも生まれた。

――右サイド後方から柏木がロングパスを左サイドへ送り、それを取った長友がゴール前の香川の位置へ高いクロスを送った。それを香川が決めました。見事なジャンプヘディングでした。

賀川:短いパスをつなぐのが日本だと思っていた人には、この2本のロングパスとヘディングの締めくくりで、今の日本代表の別の面を見たでしょう。この日は全体に仕掛けを早くしようとしていたと思いますが、中距離パスの精度のよさも生きましたね。前半のブルガリア側は反応が遅く、いささか不思議でもあったが、、、ボール保持を互角近くに上げてきたときに2点目を取られたから、ブルガリアにはつらいゴールだったでしょう。

――32分の3点目は、相手が攻め込んできた後の、日本のカウンターからだった。右角の深いところへ出たボールを、岡崎が走って拾い、バックパスした。そこから中へグラウンダーのパスが入って最後は香川でした

賀川:右からのグラウンダーのクロスが来たとき、香川のニアサイドにいた清武が、このボールにタッチしないで、ボールは香川にわたり、相手DFがつぶしに来るのを反転してかわし、左足シュートでGKミトレフの右を抜いた。サイドキックでのコントロールシュートだった。この時のキックの形を見て、香川は左足のサイドキックも上達しているのだなと感じた。

――朝日新聞の紙面に、この場面の香川の左足サイドキックが掲載されています。ボールをしっかり注視しているところがよく写っています。

賀川:同じページに岡崎の1点目のヘディングの写真もあった。これもヘディングした後、岡崎の目がボールを追っているところがよくわかります。報道の写真でサッカーのプレーの基本を確認できるのは、とてもありがたいことですよ。

――サッカー好きの少年たちや、指導の先生方にも参考になりますね

賀川:その5分後、38分に4点目が生まれた。コーナーキックのあと、相手がクリアしたボールを長谷部が右後方からゴール左ポストへ長いクロスを送り、ポスト近くにいた森重がヘッドで折り返し、それを中央にいた吉田がヘッドであわせてゴールへ叩き込みました。

――日本側はごく基本的な攻撃展開をしていたのに、相手は反応できていなかった

賀川:ドリブルなどには粘ってついてくるのに、左右にボールを散らされると、うまく防げていなかったようです。前半4-0.観客にとっても、テレビ観戦者にとっても、楽しい45分があっという間に終わりました。

――前半の終わりごろに、香川が宇佐美と交代した。相手との競り合いというより、体をぶつけたとき、腰を痛めたらしい

賀川:すごく調子がよくて、動きにもスピードがあったのに、、、ちょっと心配ですね。後半初めのラインナップは、トップが岡崎に代わった金崎、第2列は小林、清武、宇佐美、その後方は長谷部と柏木で変わらず、4DFもそのままでした。

――新しい顔ぶれにも期待がかかりました

賀川:ブルガリアは、前半より動きがよくなったこともあって、互角の攻め合いとなった。

――後半45分で日本はPKを含めて3得点、ブルガリアは2得点で、PKを失敗しています

賀川:日本は前半に4-0と大きくリードしたが、後半も攻めに出たから試合は最後まで面白かった。選手たちもひたむきでとてもよかった。

――ただし、前半の手馴れたメンバーと違うせいか、パスミスもあり、それも失点の原因のひとつとなった

賀川:日本が後半に先に2ゴールして、一時は6-0まで開いた。

――5点目はやはりコーナーキックのすぐ後に生まれた。

賀川:右CKを相手DFがクリアし、日本側はしばらくDFの間でパスを交換した後、攻めに入り、金崎が後方からボールを受け、右側を駆け上がる清武の前へパスを送った。清武はゴールラインから数メートルまで進んで、中央へパス。そこには吉田がいて、右足で無人のゴールに蹴り込んだ。CKのときからゴール前に残っていたのだろう。

――これで吉田が2得点となった。CKをクリアされた後、攻撃の機会を求めつつ、チャンスにタテに走るという動きが自然に出ているようにみえた

賀川:清武がラストパスをゴール前へ送り込むときに、右サイドキックで丁寧なキックをしていた。ひとつひとつのプレーに選手たちの思いが入っていた。

8分の、この5点目の4分後に6点目が決まった。今後も右サイドからの攻めだった。酒井宏高いクロスを中央で金崎がジャンプしたが届かず、ボールは左へ流れ、宇佐美がとって一つ止めてシュートした。右インサイドで右下隅を狙って決めた。

――スコアは開いたが、ブルガリアはあきらめなかった。後半14分に左スローインから日本側のヘディングが弱くて奪われ、ここからアレクサンドロフにゴールを奪われ、37分にもチョチェフのシュートで2点目を取られた

賀川::6-2となったあと、浅野がドリブルでペナルティエリアへ持ち込み、相手のファウルがあってPKをもらい、浅野が決めて7-2となった。

――7-2の後に今度はブルガリアにPKのチャンスがあった

賀川:43分に日本のエリア内でガリン・イバノフが原口に倒されたのを主審はPKとした。右ポスト際へのコースをGK川島が的確に読み、防いだ。川島にとっての勲章がまたひとつ増えたことになる。

――7-2というスコアだったが、最後まで緊張感があって、いい試合でしたね

賀川:ワールドカップアジア最終予選の準備として、これまでのレギュラークラスのチームワークと、そのチームにどれだけの選手を加えるかを監督さんは見ているでしょう。キリンカップ第2戦で何を見られるか楽しみですよ。

固定リンク | フル代表 | コメント (0) | トラックバック (0)


2016年6月3日 日本代表 対ブルガリア代表(上)

2016/06/04(土)

キリンカップ2016
2016年6月3日 愛知/豊田スタジアム
日本代表 7(4-0、3-2)2 ブルガリア

岡崎の先制ゴールにレスターでの進歩を見る

――久しぶりのキリンカップは、まず日本の1勝、それも東欧のブルガリアを相手に7-2という驚くべき大勝となった

賀川:CDFに吉田と森重。右サイドが酒井宏樹、左サイドが長友という4人のDFの前に長谷部と柏木をボランチ、小林悠を右サイド、中央に香川、左に清武の第2列。トップは岡崎だった。レギュラーの常連、本田圭佑が負傷で欠場したが、ほぼベストメンバーに近い先発。チームは巧みなサイド攻撃で前半のうちに4-0とした。

――1点目は相手DFラインの裏へ走った岡崎が決め、2点目は27分に長友の左からのクロスを香川がジャンプヘッドで決め、3点目は右サイドからのグラウンダーのパスを香川、その3分後に右CKの後、長谷部の後方からの長いクロスを左ポストぎわで森重が折り返し、中央にいた吉田がヘディングでゴールした。

賀川:チーム全体にボールを早めに動かそうという意図が感じられた。中距離のパスが多く、また反対側のサイドに振る長いパスもあった。

――日本の早いパス攻撃にブルガリア側はとまどったようでした

賀川:なにしろ1点目のゴールが4分30秒だったからね。早い先制ゴールで日本は気分的にも楽になっただろう。

――形としては相手守備ラインの裏へ岡崎が飛び出した。オフサイドかというぐらい早いタイミングの動きで、柏木からのクロスをヘディングしたときはノーマークだった

賀川:この攻撃の始まりは、3分24秒に長谷部が右コーナーへロングボールを送り、それを追ってボールを取り、そこからバックパスが出て、ボールがエリア右外角近くへ戻ってきた。

――そのバックパスを受けた柏木にブルガリアのランゲロフが奪いに来た。柏木は戻り気味にターンしつつ、ゴール前を狙う岡崎の気配を感じていた

賀川:岡崎がエリア中央部を左から斜めに出ようとするのに合わせて、柏木はパスを送った。ゴールはゴール正面へ。CDFテルジエフの背後から現れた岡崎をブルガリア側はマークできず、ゴールキーパーとの競り合いもなくヘディングを決めた。

――ボールに近いところに小林も来ていました

賀川:柏木と岡崎のパスのやり取りだが、そういう小林の動きも相手へのけん制になっていたでしょう。

――サイド攻撃でも、右サイドでのバックパスの後のクロスですから、ちょっと意表をつきましたね。そういう全体の流れを見て、相手DFラインの裏へ走りこんだところが岡崎ですね。

賀川:試合後の談話で「飛び出すのが早すぎてオフサイドかなと思ったが、そうでなかった」と言っています。かつての日本の大ストライカー釜本さんとの話でも「裏を取る時はオフサイドとは紙一重ですよ」ということだった。

――今年の岡崎はプレミアリーグ優勝チームのストライカーとして注目されていますが、その一端を見せましたね。

賀川:そう。彼は滝川第二高校以来、「ゴールを狙う」のを生きがいに進歩してきたプレーヤーです。彼の守備での貢献なども高く評価されていますが、このゴールを見れば、やはり一瞬をとらえるストライカーの本領が見えましたね。

固定リンク | フル代表 | コメント (0) | トラックバック (0)


« 2015年6月 | トップページ | 2016年7月 »