« 2013年5月 | トップページ | 2013年8月 »

2013年6月

2013年6月20日 日本女子代表 vs ニュージーランド女子代表

2013/06/25(火)

キリンチャレンジカップ2013
2013.06.20(木) 19:20キックオフ(佐賀/ベストアメニティスタジアム)
日本女子代表 1-1(前半1-0) ニュージーランド女子代表
 得点 大儀見 優季(21)、アナリー・ロンゴ(83)


なでしこジャパンの九州初登場

――久しぶりのなでしこジャパン2011年ワールドカップ優勝メンバーの主力が勢ぞろいしました

賀川:キリンチャレンジカップが女子の試合もバックアップしてくれるようになって、女子サッカーのためにもとてもうれしいことです。多くの観客の前で外国チームとの試合ができるのですからね。

――台風接近の予報が出ているなかで、たくさんの観衆が観戦し、声援しました。雨も激しくて選手たちには目に入って走りにくいのじゃないかと思われるほどでしたが…

賀川:鳥栖のベストアメニティスタジアムの芝はしっかりしていた。かつての日本の多くのピッチは国立競技場でさえ、この日ぐらい雨が降る中で試合をすれば、ぬかるんだり、水たまりができたものでした。それがスリップすることはあってもいいコンディションだったから、日本のサッカー環境はすばらしいと思った。このスタジアムは私も松本育夫さん(メキシコオリンピック銅メダル、日本サッカー殿堂入り)がいたころに訪れたことがあったが、JRの駅のすぐ目の前にある便利さと、サッカー専用でスタンドとピッチが近くてとても見やすいのですよ。

――陸上競技場供用だとトラックがあってスタンドから少し遠くなる。その点、専用だと臨場感が違います

賀川:私は大阪女子マラソンに関わっていたことがあって、その時道路で応援する人たちがランナーが目の前を通り過ぎる時の速さに驚いたと言っていたのを覚えています。近くで見ると好選手のスピードに改めて驚くものなんです。

――そういう意味でも、九州で初のなでしこジャパンが鳥栖のスタジアムに登場したのもよかったわけですね。さて、その九州でのなでしこジャパンの試合はどうでした?相手はニュージーランド代表でしたね

賀川:サッカーは九州で非常な勢いで浸透していて、高校生の世代では日本ナンバーワンのチームも相次いで出ている。遠藤保仁のようなすばらしい日本代表も鹿児島から送り込んでいるが、女子ではやや遅れています。その女子の普及、浸透のためにはこの日の試合は大きな一歩だったと言えるでしょう。多くの少女やその親たちがナマで観戦し、またテレビでなでしこの試合を見つめた(鳥栖での試合ということで、その地域の関心は高まるものです)ことはとても大きいといえます。

もうひとつの目的、なでしこの強化という点と、なでしこという女子の模範になるプレーを見せるという点では、いささか頭をひねることになります。

大儀見のファインゴールはあっても、かつてのなでしこのパスワークはない

――スコアは1-1。前半終了間際に宮間あや主将がイエロー2枚で退場処分となり、10人で戦う不利になったこともあったが、ワールドカップチャンピオンの当時の試合ぶりからはほど遠かった

――逆にニュージーランドの進歩が目立ちました

賀川:もちろん代表の個々のプレーのなかには「さすが」と思わせるものもあり、目の肥えたファンにも楽しんでもらえるところもあったが、なでしこジャパン特有の巧緻なパスワーク、息の合った攻撃展開はほとんど見られなかった。

――先制ゴールは九州出身の右サイドバック有吉佐織の長いクロスに合わせた大儀見のダッシュとシュートによるもので、ドイツリーグの得点王・大儀見の実力と伸び盛りの有吉の合作プレーでした

賀川:ビューティフルゴールでしたね。この後、もう少し距離は短いがやはり右サイドの川澄奈穂美が送った右後方からのパスに合わせた宮間のシュートもあった。ボールはゴールのバーを越えたが、これも「あうん」の呼吸のあったいいプレーだった。

――と言って賀川さんは不満も多かったらしい

賀川:レフェリーの判定について意義を申し上げるつもりはない。最終決定はレフェリーにあるということで、宮間が退場したのはいかにもフットボールらしいが、JFAの審判部としては、選手たちにこの日イエローカードを出された日本側の二つのタックルがイエローとなるのかどうかについて、説明しておくべきだろう。もしそれが世界規準である(はずなのだが)なら、徹底しておくべきだろう。

――10人になった影響はあったにせよ11人の時から必ずしも「なでしこ」らしい試合ぶりではなかった

賀川:澤穂希は故障を抱えて、万全の体調ではなかったらしく後半14分に交代した。従来のレギュラーのDF右サイドの近賀ゆかり、左サイドの鮫島彩の2人が故障で不参加。変わって前記の有吉と宇津木瑠美が出場した。岩清水梓、熊谷紗希のCDFとボランチの沢と彼女のペア阪口夢穂、攻撃的MFの川澄と宮間、そしてFWに大儀見と安藤梢と顔をそろえたから、まずはかつてのベストメンバーに近い顔ぶりだった。近賀と鮫島の両サイドは守備はもちろん攻撃でも日本の展開の外側を支えてきたため、その欠場は大きいことは確かだが、これだけの選手が集まっていて、かつてのチームワーク、パスの展開のうまさが、ほとんど見られなかった。

――久しぶりに集まって、練習の日数も少なかった

賀川:それもあるが、本来選手たちの体にも、心にも頭にもしみこんでいるはずのなでしこジャパンのチームワークがほとんど外にあらわれていなかった。

――ニュージーランドのプレッシングも強かった

賀川:それもある。しかし個人的に体格や走力の上の相手と戦うのは、日本の女子サッカーの代表、なでしこの宿命で、それに勝つためのチームワークであり、ボールテクニックであり、パスワークのはずなのだが。

――ということは、自分たちのチームではなでしこのサッカーはやっていない?

賀川:大儀見や安藤、宇津木、熊谷たちはヨーロッパのチームにいるから当然としても、日本のなでしこリーグも名は「なでしこ」だが、代表「なでしこ」とは各チームが違ったことをしているのでしょう。

――そういえば、リーグを見ても必ずしもパスサッカー、テクニックの高い試合というわけじゃない

賀川:どのチームもよく走るようになっているが、決して個々の技術、ボールを止める蹴るレベルが大きく上がっているわけではない。

――INAC神戸はなでしこジャパンの主力がいますが

賀川:私が見た限りでは、INACもいい選手が多くて、断然強いはずではあるが、試合展開はかつてのなでしこジャパンとはかなり違っている。

――アメリカ人のストライカーもいる

賀川:それは決して悪いことではないが、個人技を組織サッカーのなかで活かすことを心掛けなければならないのに、そのためのトラッピング、キックの精度などがINACといえども向上しているとは言い難い。

――ふーむ。そういえば、なでしこジャパンの佐々木監督は「パスの精度も低い。チームコンディションもよくなかったが、こういうことではワールドカップの連覇どころか、1次リーグを勝つこともできない」と言っていました

賀川:日本が10人で1人少なかったこともあり、後半ニュージーランドはガンガン攻めてきた。奪われたのは1点だけだったが、後半38分のそのゴールは…
(1)日本の右サイドからの攻めを防いだニュージーランドはアーセグが前方へパスを送り(2)ロンゴがこれを受けて(3)右前のグレゴリウスへパスをつなぐところから始まった(4)10番をつけた小柄でタフなグレゴリウスは丸山桂里奈に追走されながらドリブルで進み(5)右外を走りあがるパーシバルの前方へパス(6)パーシバルはゴールライン手前でゴールに追いつき、ダイレクトでクロスを中央へ(7)強く速いライナーが右ポスト前9メートルあたりに届くところを走りこんできたロンゴが見事に右足に当てて(8)ボールはGK海堀の上を抜いてゴールに飛び込んだ。1-1。なでしこ側は、ペナルティエリア内に5人のフィールドプレーヤーがいたが、ニュージーランド側の速い攻撃に対応できず、ロンゴはノーマークシュートだった。

――クロスを送ったパーシバルも最初のドリブルを始めて、シュートを決めたロンゴも自陣の深いところからのスタートで、パーシバルは60メートル、ロンゴは50メートルくらいの長い距離を走ってのクロスであり、シュートでした

賀川:ニュージーランドはラグビーで有名ですが、女子は陸上競技にもいいランナーが出ているところで、少女のサッカー人口も増えているそうです。こういう国や地域もこれからどんどんレベルアップするでしょうから、佐々木監督がなでしこジャパンもこれから大変だというのも当然でしょう。

不満、不安の確認もキリンチャレンジカップの効果

――なでしこは6月26日と29日にヨーロッパでイングランド代表、ドイツ代表との試合を予定しています

賀川:この2試合は強豪相手の親善試合ですが、7月20日からの東アジアカップ(会場:韓国)で中国、北朝鮮、韓国との公式試合があります。東アジアはもともと中国や北朝鮮などレベルが高いところ。韓国も急上昇しいい選手がいます。

――その前になでしこの状況をつかめた

賀川:そういう意味ではキリンチャレンジカップはとてもいい経験だったと言えます。私自身はニュージーランドの選手たちのひたむきなプレーを見ることができてとてもよかったと思います。

固定リンク | なでしこジャパン | コメント (0) | トラックバック (0)


2013年5月30日 日本代表 vs ブルガリア代表戦(続)

2013/06/03(月)

SAMURAI BLUEの香川真司

――対ブルガリア0-2から一夜明けて、6月1日付のスポーツ新聞に代表の反省の弁などが掲載されていました。今日はこの試合での香川真司のプレーを語ってください

賀川:開始早々に内田から相手のペナルティエリアいっぱいの中央左よりにいた香川にパスが出たとき、際どい所でブルガリアDFが足を出してカットした。しっかりマークしているという感じがした。

――30分にうまいターンの後、シュートしましたね

賀川:左サイドの駒野からエリア内の乾貴士にパスが通って、それがペナルティエリアいっぱいのところにいた香川へバックパスされた。そのボールを相手を前にして左足で止め、ゆったりとした動作からくるりと相手に背を向けて反転して、内側へかわし、右足でシュートした。鮮やかなプレーに、スタンドがどよめいた。ニアのポスト際を狙ったシュートはGKが防いだが、真司らしいいいプレーだった。

――やはり香川、というプレーでしたね

賀川:このトラップと小さなターンと、その後のシュートを見れば、アレックス・ファーガソンがマンチェスター・ユナイテッドの変革のために彼をと熱望した気持ちが理解できるでしょう。

――アエラという雑誌の5月20日号に、稲垣康介記者の記事が載っていて、ファーガソン監督の話もありました。そうそう、賀川さんの話も出ていました。タイトルは「日英大御所記者のみた香川の1年」だった

賀川:寄り道はのちほどにしましょう。33分と38分にも香川がエリア内でボールを受けたが、つぶされました。40分には香川が今野泰幸からの早めの縦パスを受けて、左から中へドリブルし、右から中へ入ってきた乾に渡した。乾が前へ出た香川へリターンパスを送った時は、ブルガリア側はこの2人に対して、5人が囲んできたからね。結局、乾のパスはDFに当たって、そのこぼれを乾が左外の駒野に送り、駒野がクロスをあげて失敗(ゴールラインを割る)。

――香川への警戒の強さですね

賀川:この時に4人の第2列の誰かが短いパスを受けられる位置に来てこそ、3-4-3の意味があると思うのだが…

――それが、前日の話の、コンディション不良による積極性のなさとも言えるのですかね
賀川:まあ試合を見ていろいろ言うのは簡単。選手には選手の事情がある。ただし、それでも勝つため、点を取るためにはサッカーでは走ること、動くことが一番ですからね。コンディションの如何にかかわらず…

――香川の動き全体はどうでした

賀川:彼はフルシーズンといっても、ケガの休止期間もあり、体力を使い果たしたというシーズンではなかったはずです。(来シーズンはわからないが)今季はファーガソンはガンガンぶつかってくるチーム相手の時は、休ませるなど無理のない使い方をしていましたからね。だからこそ、本人はこの試合で、なんとかいい攻撃をしたかったはずです。

――前半はGK川島永嗣、DFは右に吉田麻也、中央が栗原勇蔵、左が今野泰幸、MFが右から内田篤人、長谷部誠、遠藤保仁、駒野友一、そして前の3人は乾貴士、前田遼一、香川真司でした。後半に入ると4FBに変えて、酒井宏樹を右に、栗原、今野が2CDF、そして左に長友佑都が入った。ボランチは長谷部、遠藤のまま、香川をトップ下に、右に乾、左に弘嗣、トップの前田をハーフナー・マイクに代えた。DFの要の吉田は故障を抱えていたとか。攻撃に3人のセレッソ育ちが入って、少しいい気分になったでしょう

賀川:もちろん関西のチームからいい選手が出ているのだから当然ですが、同時に前田の調子の上がらないのも気がかりですよ。

――トップ下に入った真司の動きが目立って6分にチャンスがありました

賀川:右サイドのスローインをハーフナーに向かって投げると、ボールはハーフナーをすり抜けてバウンドしてペナルティエリア右角から内へ。それを香川が追って、DFマノレフをかわして右足でシュートした。DFの足に当たって右CKになった。

――アエラの記事のなかで、賀川さんは「ペナルティエリアに入った時に真司の良さが出る」と言っていましたが、このプレーなどはそうでしたね

賀川:バウンドして落ちてくるボールを右足でタッチし、浮き球で相手の頭を越して抜くと見せて、そうではなく同じところへ落としてシュートしたのです。前半にも左ポストに近いところでやはり浮かせて「間」をつくろうとして、相手の体に当たった場面があったが、彼のフェイクのひとつですね。

――テレビではここへ入ってくればメッシか香川ですね、という声も出ていたほどです

賀川:シュートは決めなければいけないと真司自身が言っています。右足でのボールの叩き方にもうひとつ工夫があれば、それこそメッシだが…

――それはどうするのですか

賀川:この次の楽しみにしておきましょう。その3分後に、今度はエリア内へ走り、ヒールパスで後方の清武に渡したのがあった。清武が左の強いグラウンダーのシュートをしたが、右外に外れていた。

――清武は右のクロスもうまいが、こういうシュートも敢行できるのですね

賀川:チームに攻めの勢いがついている時にファインゴールが生まれると、一気にムードが上がるのだが…選手がボールによって踏み込む確度とキックする足のどの部分に当てるかでシュートの方向は決まるもの。正面スタンドから見ると、惜しいシュートだが、ゴール裏からでは、かなり外れていた。清武は12分に左サイドでうまいパス交換からノーマークのシュートチャンスもあったが、利き足の右のサイドキックで誰かに当たってゴールには届いていない。

――香川のエリア内での動きもあって、面白いようなパスがつながることもあったが…

賀川:ブルガリア側は中央部を厚く守り、いつも前を向いて防ぐ形になっている。パスの出てくるところも見えている。パスを出す側の工夫も必要になる。

――ドリブルを仕掛けることも?

賀川:誰かがドリブルで突っかけるとか、相手DFの前へボールを出して、そこで一緒につぶれるという手もある。もちろんパスで誰かがフリーになっていることもいいのだが、人数が多く入っているところでは、グラウンダーだけでなく、高いライナーのシュートもあっていい。

――そういうシュートそのものについて日本では割りあい関心が薄いと…

賀川:真司を中心にボールが回るところを見るのはとても楽しいが、その締めくくりのシュートが何故このレベルで止まっているのか不思議ですよ。

――点を取れないうちに、相手のFKがあってそこから長谷部のオウンゴールで0-2になってしまった

賀川:日本は乾に代えて中村憲剛を投入した。左右からのクロスも入るようになったが、ハーフナーの長身が生きるには至らなかった。ハーフナーのヘディング技術のこともあるが、クロスの制度の問題もある。

――32分の遠藤のFKも右へ外れてしまい、終盤の激しい攻めも得点は生めなかった

賀川:サポーター、ファンには不本意だったが、キリンチャレンジカップのおかげで、SAMURAI BLUEに危機感を持たせてくれたのは何より。と同時に、真司の進化をいろいろな点で見られたのは私たちにはとても楽しいことだった。こういう経験の後の代表がオーストラリア戦、イラク戦で上げ潮に向かってくれることを期待しましょう。

固定リンク | 日本代表(A代表) | コメント (0) | トラックバック (0)


2013年5月30日 日本代表 vs ブルガリア代表戦

2013/06/01(土)

キリンチャレンジカップ2013
2013年5月30日(木) 19:20キックオフ(愛知・豊田スタジアム)
日本代表 0-2(前半0-1)ブルガリア代表
 得点 スタニスラフ・マノレフ(3)、オウンゴール(70)


敗戦は代表へのカンフル

――早くから入場券は完売して、観客41353人と豊田スタジアムは満員。テレビの観戦も多かったはずです。試合は期待に反するものでした。

賀川:がっかりしましたね。いちばんの不満は代表チームのコンディションが良くなかったこと。まあ海外組にとってはヨーロッパの長いシーズンが終わって、ホッと一息ついたところだろうから、同情すべき点はあるのだが…

――監督は試合後のインタビューで「低いリズムでプレーすると、いいところが出ないのが課題」と言っていました

賀川:今の選手は素直というべきか…多くのお客が集まっている前でコンディションの悪いことがそのままプレーにあらわれる選手もいたからね。

――試合の前半はブルガリア代表の方が勢いがあったように見えました

賀川:前にも同じような意見を申し上げたが、ヨーロッパの一流リーグでの1シーズンを戦うことは、選手にとってもなかなか厳しい仕事で、その後に続くワールドカップへのコンディションづくりもまた大変でしょう。そのノウハウを日本サッカーに蓄積していくことが大切でしょう。2006年の中村俊輔のように、大会に入って調子が落ちた例もあるのだから…
今回のキリンチャレンジカップも、その警鐘の一つといえるでしょう。

――先日のプレビュー記事で、ブルガリア代表がなかなか強敵という話を、在のヨーロッパ予選のグループでの成績(2位)をあげて紹介していましたね

賀川:だからこそ、日本の組織プレーを見たかったのだが…

――一丸となって戦わなければいけない強敵に対して、不慣れなフォーメーションのテストをしたりしたのは、ちょっと烏滸(おこ)がましい感じもしましたが…

賀川:そうとはいえないでしょう。ザック監督が自らのプランに従って、選手や戦術をテストするのは当然でしょう。ただし、それに対して選手は持てる力を発揮しなければなりません。もちろんいまの代表は3バックに慣れていないし、それだけに最終守備ラインにスペースが広くあるようにも見えますが…

――裏を返せば、中盤に人が多い

賀川:まあ、そこが選手たちの工夫のしどころでしょう。どんなフォーメーションでゆこうと、要はノーマークのシュートチャンスをつくることだし、ゴールを奪うことであり、自分たちのゴールを守るために何をするかでしょう。


攻守にプラス ぶれダマFKの解析

――2失点は前半3分のFKをマレノフが「ぶれダマ」を蹴り、GK川島永嗣が左右のこぶしを揃えフィスティングしようとしたところで下方へ曲がって川島のこぶしは空振りとなって、ボールはゴールに飛び込みました

賀川:ゴール裏側からのカメラは、川島の突き出した両手に当たる前にGKから見て右下方へボールが落ちるところを映していました。たしか2006年大会のブラジル戦でGK川口能活がブラジルのFKを止められなかったのが、初めて経験したぶれダマだったのでしょう。

いまの日本では本田圭佑のシュートが2010年大会から有名になった。このシュートはキッカーを誉め、ゴールキーパーは仕方ないという感じになりがちだが、川島がゴールを奪われたことでゴールキーパーのぶれダマ対策もメディアやファンの話題になるだろうと思った。GK側から考えることで、ただ一人手を使うこのポジションについての理解が高まり、GKのレベルアップにもつながるのではないか…と思っているのです。

――2点目はFKから。右サイドからの高いゴールがゴール前に落下し、長谷部誠の右足に当たってゴールインしました。こういう不運もあるわけですね

賀川:ノッポの選手を越えて、ボールが落ちてきた時、長谷部は左足に当ててクリアできなかったのか、あるいは右足のアウトサイドに当てることができなかったか――利き足とそうでない足との使用比率は多くの選手は9:1か8:2ですが、若いプレーヤーは7:3にまで不得手な足の使用率を高めれば、それだけでピンチでのクリアやタックルなどの足の伸び方、あるいは立ち足の強さなどがプラスに作用する。

――さて試合で得たものは

賀川:香川真司について話したいこともあるが、それは後にして全体としては監督が選手それぞれのコンディションをつかんだことでしょう。

――乾貴士をスタートから使いましたね

賀川:点の取れる選手、そしてまたドリブル突破のできる選手ということでしょうが、私が気にしているのは、ここのところブンデスリーガでもゴール数が落ちていることです。シュートの時のボールの叩き方に問題があるのだろうし、またドリブルのコースも、もう少し外を使った方がスピードが生きる気がします。

――6月4日のオーストラリア戦は

賀川:本田圭佑のコンディション、もちろん岡崎慎司もですが…

――本田がダメなときは

賀川:まあ、いまはそれを考えずに本田の状態を見てから組合せを考えましょう。ザック監督は当然、頭の中に組み上げていると思いますが…
 

固定リンク | 日本代表(A代表) | コメント (0) | トラックバック (0)


« 2013年5月 | トップページ | 2013年8月 »