« 8月10日 日本代表 vs 韓国代表(上) | トップページ | 【Preview】10月7日 vsベトナム代表 (上) »

8月10日 日本代表 vs 韓国代表(下)

2011/08/18(木)

キリンチャレンジカップ2011
8月10日19時33分キックオフ(北海道・札幌ドーム)
日本代表 3-0(1-0、2-0) 韓国代表
 得点 日本:香川(35、55)本田(53)

――香川の1点目は?

賀川:右サイドで攻めに出て遠藤保仁が奪われたボールを奪い返して一気に優位に立った。岡崎だったか、右前へ一人が動いた。しかし遠藤は一呼吸おいてペナルティエリア中央部の李忠成にパスを送った。相手DFの前へ走り込んできた李は、ヒールで後方の香川へ渡した。香川がこのボールをトラップしたとき、接近してきた相手DFの足にボールが当たる。香川はそのリバウンドが落ちたところで右足でシュートし、これがゴール左下へ飛び込んだ。

――遠藤のパスのタイミングが上手かったのと、李のヒールパスで相手側の体制にずれが出た?

賀川:香川がゴール正面ペナルティエリアに入って来たとき、彼の左前と右後方と左後ろにDFがいた。李からボールを受けると香川はそのボールをトラップして前へ抜け出るのでなくボールを右足でタッチして自分の左足に当てた(おそらくもう一度右足の前へボールを置こうとしたのだろう)。しかしそのボールは相手DFの左足に当たった。当たったけれど、相手のモノにはならず、香川の右前に落ちる。それをタイミングよくシュートへ持っていった。

――抜いて出るのでなく、同じ位置でボールを動かしただけ?

賀川:テレビのリピートを見たらそういう感じだね。ゴール裏からのカメラは、彼が走り出すのでなく両足を広げて立っている姿勢を捉えている。右足でタッチしてボールを左へ動かし、それを左足のタッチで右前へ置くのはフェイクの一つの型で、古いところでは私達世代の代表の右ウイング・鴇田正憲がこのフェイクを使っていた。1956年のメルボルン五輪予選の1回戦で、予想を覆して韓国に勝ったときも、彼は滑りやすいグラウンドを利用してこの小さなフェイクで相手を悩ませたことを覚えている。近くは(といっても80年代だが)フランスのミッシェル・プラティニがこれで縦に持って出るのを見たし、日本のカズ(三浦知良)もやっていましたヨ。

――香川はそれで隙間をつくってシュートしようとしたのですかね。

賀川:今度会ったら聞いてみたいね。ここでシュートをすると狙っていたのだろう。咄嗟のプレーだが、囲まれながら前へ出るよりシュートチャンスと感じたのだろう。

――彼の談話に、イメージどおりとありました。

賀川:テレビ画面に戻ると、香川が右足を振ってボールを叩いた横から同じような形で韓国選手の足が映っていたハズですヨ。彼が蹴っていなければ、相手は潰しにきていた。その間一髪のタイミングをつかんだのでしょう。

――上手くなるというのは、こういう形の蹴り方というだけでなくて、一瞬のタイミングのつかみ方もあるわけですね。

賀川:それをタイミングと言う人もあれば、別の見方で、スペースという言い方をする人もあるが、まあいずれにしてもゴール前の、いわば修羅場での争いに勝つことだね。

――彼は、ゴール前で落ち着いてやれるようになったともどこかで言っていました。

賀川:それは、そこへ走り込むことが多くなり、そこで成功が増えるからですヨ。再三、ゴール前へ向かうことで、その位置、そのスペースが自分の居場所のようになるのだろう。それが経験であり練習にもつながるのですヨ。

――点を取るためには、その重要な場所でのプレーに慣れろ、と?

賀川:一概に言えるかどうかは別にして、例えば岡崎はこの試合で故障のため途中で退いたが、開始すぐにエリア右寄りから左足でゴール左ポスト側へシュートした。これは彼が今シーズンの最初のドイツでの試合で後半に出場して左足シュートを決めた角度とよく似ていた。ちょっと左足のインパクト(ボールを叩く)がドイツのときとは違っていて、このシュートは外れたが、この位からここへ――という感覚が一つできていたのだと思う。

――後半に日本が2点目を取り、相手がちょっと気分が落ちたときに香川が3点目(本人の2点目)を取りました。

賀川:このときは香川のダッシュ力、速さと、相当な距離を相当なスピードで走っても体のバランスが崩れないでシュートできるという良さが出た。清武との大きなトライアングルパスだったが、清武のパスも良かった。
 この試合で香川が別の場面でもしていたパスのキックで、自分の前にあるボールを体の向きのとおり真っ直ぐ前方へ蹴るパスをしていたことに私は注目した。彼はどちらかというとドリブルで円弧を描きながら角度のあるキックをする。前にあるボールを真っ直ぐ蹴ることは少なかったが、ドイツでその必要性を知ったのでしょう。清武へのパスもその一つだった。自分のチームのために、自分にはどういうキックが必要か、どういうプレーが重要かをいつも考えているから、バリエーションはどんどん広がる。

――もっといっぱい話を聞きたいのですが、今日は日本の3ゴールと香川くんの進化について、ということで。

賀川:いまの日本代表のサッカーは皆が積極的になっているからとても面白い。ただし3-0の対韓国勝利といっても、浮かれてはいけません。サッカーは相手のあるスポーツ。相手も、この日本にどう対応するかはすぐまた考えるでしょう。全選手の向上心とザック監督の指導力、長谷部キャプテンの全人格的プレーとチームの団結力に期待して、ワールドカップ予選を楽しみにしましょう。
 選手のみなさん、まずは良いキリンチャレンジカップをありがとう。


【了】

KIRIN LOVES SOCCERへ

固定リンク | 日本代表(A代表) | コメント (0) | トラックバック (0)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 8月10日 日本代表 vs 韓国代表(下):

コメント

コメントを書く