« 【Result】9月7日 日本代表 vs グアテマラ代表 | トップページ | 9月7日 日本代表 vs グアテマラ代表(下) »

9月7日 日本代表 vs グアテマラ代表(上)

2010/09/15(水)

キリンチャレンジカップ2010
9月7日19時48分キックオフ(大阪・大阪長居スタジアム)
日本代表 2(2-1、0-0)1 グアテマラ代表
 得点 日本:森本貴幸(12、20)

100907mdp
対パラグアイ、グアテマラ戦の公式プログラム

――グアテマラ代表に勝って、日本代表は南アフリカ・ワールドカップ後の再開シリーズ2戦2勝です。

賀川:グアテマラは、北米大陸と南米大陸をつなぐ細長い地帯にある国。この中米地域にはアメリカ合衆国のすぐ南にあるメキシコという大きな国があるが、その南隣りにグアテマラがあって、さらに南へエルサルバドル、ホンジュラス、ニアカグラ、コスタリカ、パナマと続いて南アメリカ大陸のコロンビアにつながる。

――FIFA(国際サッカー連盟)の大陸別連盟では北中米カリブ海連盟(CONCACAF)に属しています。この地域ではメキシコが強く、近ごろはアメリカ合衆国もワールドカップの常連になってきた。カリブ海の国ではジャマイカが98年大会で日本を破っています。グアテマラはまだ一度もワールドカップに出ていませんね。

賀川:FIFAランクも100位より下。だからパラグアイよりは弱いだろうと誰もが考えていただろう。

――日本もケガ人が多く、南アフリカ大会の代表から中澤佑二、田中マルクス闘莉王、今野泰幸が抜け、遠藤保仁も疲労が重なり、長谷部誠、阿部勇樹も不参加だった。原さん(強化委員長、監督代行)は中村憲剛をスターティングラインアップから外しましたね。

賀川:まあ、試合が重なっていることもあり、中村なしでどれだけ中盤の格好がつくかも見たかったのだろうし、できるだけ多くの選手のプレーを新任のザッケローニ監督に見せておきたかったのだろうね。

――大幅に変わった代表が、前半に2ゴールを奪った。鮮やかなパスからの得点でした。

賀川:12分に左サイドで長友--橋本-乾-香川-乾と短いパスをつなぎ(乾に渡したあとで前進していた)長友に乾からパス、長友は自分をマークするジョナサン・ロペスをドリブルで縦にかわして中央へクロスを送ると森本貴幸が、DFの前(ニアサイド)へ入って見事なヘディングシュートを決めた。

――森本らしいゴール

賀川:森本は相手の前へ入る速さが一つの特徴で、後方からのパスでもDFの背後から体を(ボールと相手の間へ)入れて取ることもある。その彼の十八番が出た。パラグアイ戦のときは得点できずに途中で交代したが、今度はピシャリと決めた。

――これで4万4,000以上入ったスタンドは一気に盛り上がりました。

賀川:左サイドでの組み立てがとても良かった。長友が乾にパスをして、前へ走り上がったときに、すぐに縦に送らずに乾から橋本(横パス)→乾(斜めの左前へ)→香川(斜め右前)→乾(斜め左後方、タッチ際)とダイレクトでボールを動かし左から乾のパスを受けた。長友は相手が近くにいても有利な態勢でボールを持つことができ、自分から仕掛けることができた。

――それまでは縦の長いパスが多かったですよね。テレビの解説でセルジオ越後さんがちょっと不満そうに言っていました。

賀川:相手のウラを突こうと気負いすぎていたのかもしれないが、この左サイドは乾、香川に橋本が加わってのショートパスでのキープと展開だった。

――長友がいいクロスを送りました。

賀川:長友はドリブルで一度、小さくスローダウンして一気にスパートしてロペスをかわし、かわしたところで、いいタイミングのクロスを送った。このクロスを蹴るまでの間(ま)の取り方で、森本はニアへ入る前に相手を牽制できる余裕があったハズですヨ。

――最後は長友・森本の呼吸ですか。

賀川:彼らは余裕があればこれくらいのことは十分できる。

――もちろん、第1戦のパラグアイよりグアテマラの方が格下ということもあるでしょうけれど……

賀川:相手のレベルも影響することは確かだが、チームの攻撃はやはり、このときのやり方の方がロングパス一本で狙うよりは効率がいいハズですヨ。

――これで新しい代表も勢いづいた。

賀川:20分に2点目が生まれた。これは香川、本田、森本の攻撃トリオのゴールだが、橋本のくさびが効いたネ。


【つづく】


KIRIN LOVES SOCCERへ

固定リンク | 日本代表(A代表) | コメント (0) | トラックバック (0)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222697/49454368

この記事へのトラックバック一覧です: 9月7日 日本代表 vs グアテマラ代表(上):

コメント

コメントを書く