« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

2010年2月

4月セルビア、5月韓国戦に向けて(下)

2010/02/26(金)

――5月の韓国戦はライバル同士の壮行試合という形。ところで、東アジア選手権の3位、とくに韓国との1-3でずいぶん代表の評価が落ちました。岡田武史監督への風当たりも強いですね。

賀川:監督更迭論を真剣に唱える人もいるようだネ。

――賀川さんはどう思います?

賀川:2月シリーズではコンディショニング――気持ちも含めての失敗につきるね。いちばん点を取っている岡崎慎司も出遅れていたでしょう。

――監督云々は……

賀川:もともと日本代表は、例えばリーガエスパニョーラに加わってそのベスト4を目指すというチームではない。しかし、W杯という1ヶ月の大会なら、強い方でどのくらい上位にゆけるかはやってみなければ分からないものですヨ。大会が近付けば対戦相手それぞれについての勉強も進み、対策を練って、そこで初めて自信のようなものが生まれてくるかもしれない。

――しかし、そこで本当に勝つにはもっと技術・体力が必要でしょう。

賀川:日本の歴史で大人のチームが世界大会でメダルを取った(ベスト3に入った)のは1968年のメキシコ・オリンピックだけ。このときは日本の高地対策が非常に上手くいって、勝つための、負けないための、そして6試合を戦い切るコンディションの維持ができた。他のチームの中には高地対策の不十分なところもあったという。2002年大会は、日本の蒸し暑さがヨーロッパにチームのハンデになっていたのは確かだろう。

――そういう有利な環境条件は、今度はどうですかね。

賀川:ドイツ大会は開幕直前までドイツらしく涼しかった。それが始まった途端に暑くなった。それは乾燥した暑さで、日本の選手たちには堪えたハズですよ。
 技術的なミスが出ると、その疲れはいっそう大きくなった。今度は気温が低いと予想され、ヨーロッパ勢には好条件でしょう。もちろん日本のラン・サッカーにもいいわけだが、別に大プラスというわけではない。

――だから技術も体力も少しでもレベルアップが大切だと……。

賀川:いつも同じことを言うけれど――。
 2月24日のACLの2試合で、広島がホームで中国チームに敗れ、ガンバはアウェーで韓国No.1の水原と0-0で引き分けるのをテレビで見た。技術力と、それをもとにしたチーム力の高いガンバは、苦しい試合だったがまずいい試合をした。この試合を見ても、まだ左右からのクロスが仲間に届いていない。
 初めて見た平井将生(ひらい・しょうき)というガンバの若いFWは速くて、二度シュートチャンスをつかんだ。左右1本ずつ入らなかったのだが、それを本人がこのあとどう考え、どう工夫するかですよ。
 どの選手も上手だし、よく頑張るし、素晴らしいのだが、もう一つ上の基本技術――特に蹴る技術を上げておけばいいのになぁと思いながら見ていた。そういう例は広島にもたくさんあったし、いまの日本代表にも通じることなんです。

――成長期の練習が足りないとおっしゃる?

賀川:それもある。しかしサッカーは27歳になってもまだ上手になりますヨ。

――中村俊輔が横浜へ戻ってくれば……?

賀川:そういう噂だね。それはそれでいいことでしょう。ことしの彼にも非常に大きなことになるだろうからね。


【了】

KIRIN LOVES SOCCERへ

固定リンク | 日本代表(A代表) | コメント (0) | トラックバック (0)


4月セルビア、5月韓国戦に向けて(上)

2010/02/25(木)

――キリンチャレンジカップのスケジュールが発表されました。4月7日にセルビア代表と(大阪・長居)5月24日に韓国代表(埼玉)と、ということです。

賀川:その前(3月3日)にアジアカップ予選の対バーレーン(豊田)があり、このキリンチャレンジの2試合のあと5月30日と6月4日に強化試合としてそれぞれイングランド(会場オーストラリア)コートジボワール(同スイス)との試合が組まれている。これは本番前のヨーロッパでの強化合宿中のハズ。

――3月6日に始まるJリーグが5月15、16日の第12節で中休みになり、そこから6月11日開幕のワールドカップ(W杯)までの約1ヶ月(実際の日本の第1戦は6月14日、対カメルーン)をどういうふうにもってゆくかでしょうが、その前にある国内の2試合もファンには嬉しいことですね。

賀川:4月7日といえば、第5節と第6節の間の水曜日。Jの試合で代表も体が動くようになっているだろう。

――ACL(AFCチャンピオンズリーグ)に出るチームは3月9、10日にも試合があるから、日程が込んでいますけれどね。

賀川:自分のチームでそれぞれのチーム特有の戦い方もあり、また外国人選手もいるわけだから、このあたりで代表が顔を合わせておくのは悪くはないだろう。それに相手はかつてのユーゴスラビアが分裂したあとのセルビア――つまりスラブ人の本流だからね。ストイコビッチ名古屋監督)の育ったところのハズだ。

――ボールテクニックが高いこと、それにスラブですから大柄な選手もいるでしょう。

賀川:マンチェスター・ユナイテッドのネマニャ・ビディッチが有名だが……。ことしのヨーロッパのスペイン、イタリア、イングランド、ドイツ、そしてフランス――いわゆるビッグ5リーグのメンバー表を見ると、セルビア人のプレーヤーはプレミアリーグ(イングランド)とスペインに2人ずつ、イタリアに5人、フランスに8人、ドイツには10人がいる。代表メンバーもほとんどがこうしたレベルの高いリーグで働いている。

――いい選手が揃えば強いのですね。彼らも本番前の一つとして極東へ遠征するのは、体力的にはともかく気持ちをまとめるのにはいいでしょうね。

賀川:全部が揃わなくても、久しぶりにかつてのユーゴスラビア的なプレーを見たいね。


【つづく】

KIRIN LOVES SOCCERへ

固定リンク | 日本代表(A代表) | コメント (0) | トラックバック (1)


2月2日 日本代表 vs ベネズエラ代表(下)

2010/02/04(木)

ベネズエラのプレッシングに押され不満足な試合
それでも休養明けに小笠原、平山たち新戦力を試すことができた
走る原点に返って東アジアのライバルに勝つこと



キリンチャレンジカップ2010
2月2日(大分・九州石油ドーム)19:13
日本代表 0(0-0 0-0)0 ベネズエラ代表

*両チームのメンバーはこちら

――小笠原満男はどうでした?

賀川:彼らしくプレーしていた。シュートも2本あった。もともとこの選手はパスもうまいがゴール近くに現れたときに、ボールを止めて蹴るという技術がしっかりしている。だから落ち着いてシュートへ持ってゆくという点で岡田監督は前の方でプレーさせたいと考えているのだろう。1本目の右足でゴールキーパーの右へ(キッカーから見て)蹴ったシュートは、もう少しコースが上だったらゴールになったかもしれない。

――平山相太は後半に出場しました。

賀川:東アジア選手権でも使うつもりなのだろうネ。彼はかなり長い間、まわり道をしていた感があって、昨シーズンにJ1リーグに出場するようになってから少し意欲的になったようだ。城福監督のおかげだろうが、大事な成長期に必ずしもしっかり蓄積したかどうか分からないから、少し調子が上がってきたいま、どしどし代表でプレーし調子を上げつつ、技と体力、走力をつけることだろうね。
 長身でヘディングが強いといっても、40年前の大型FW釜本邦茂に比べてもヘディングが上手だとはいえない。ただ、いまは自分でゆけると思いノッているようだから、いまの日本では珍しい大型FWをステップアップさせるチャンスだろうね。

――もちろん、他にもFWはいますが

賀川:小型のストライカーはそれ自体が一つの特色だから、大型ばかりを求める必要はないが、テンポの変化ということもあり、攻撃陣は多様な素材があっていい。

――これからの3試合をどう見るのですか

賀川:中国は身体の大きさが一つの特色。激しくくることもあり、ファウルも少なくない。駆け引きもうまいから、体の接触のあとの挑発に乗らないよう冷静な試合運びを身につけるのに良い相手だ。
 香港は日本のことをよく知っていて、厚く守ればどの程度持ちこたえられるかを考えてくるだろう。そういう相手から点を取ることもできなければなるまい。
 韓国は永年の好敵手で、伝統的にもっとも日本のことをよく知っていて、中盤でプレスをかけにくるのか、ロングボールでくるのか。日本の嫌なこともやれるチームですヨ。
 こういうそれぞれの相手国を乗り越えて優勝することは、チームの自信につながるでしょう。

――初戦で0-0という結果になりましたが、まあ良いクスリだと思って、東アジア勢を相手にいい試合をして勝ってほしいものですね。

賀川:サッカーはうまくゆかないときはまず走ることだと私は思っている。ベネズエラのおかげで、選手たちも目が覚めたことだろう。日本の選手たちは体調を上げて、走ることで組織力も個人力も増すことが多い。初戦の不満足試合を糧に、今度はいい試合をしてくれるだろうと思っていますヨ。


【了】

KIRIN LOVES SOCCERへ

固定リンク | 日本代表(A代表) | コメント (0) | トラックバック (0)


2月2日 日本代表 vs ベネズエラ代表(上)

2010/02/03(水)

ベネズエラのプレッシングに押され不満足な試合
それでも休養明けに小笠原、平山たち新戦力を試すことができた
走る原点に返って東アジアのライバルに勝つこと



キリンチャレンジカップ2010
2月2日(大分・九州石油ドーム)19:13
日本代表 0(0-0 0-0)0 ベネズエラ代表

*両チームのメンバーはこちら

――楽しみにしていたのに、さっぱりという感じでした。

賀川:取材申請もし、出かける予定だったが腰の調子が思わしくなくて、結局私は今回はテレビ観戦になってしまった。まあ私はどんな試合でも面白いと思える方ではあるが、代表選手の中には重い感じのする選手もいたネ。失望したファンも多かっただろう。
 折角、相手のベネズエラがしっかり準備して遠征のハンデを克服して良いプレーをしてくれたのだから、こちらもいい体調でゆきたかったネ。

――休養期間明けで、日本代表一人ひとりの体調はシーズン中に比べると良くないのでしょうがね。2月2日にこの試合が予定されていて、準備合宿が1週間前からスタートする。そう決まっていれば、選手たちはそれに合わせて休養期間中にもコンディションを整えてゆくのと違うのですか?

賀川:そのあたりのことはどうだろう。試合を見た限りでは、例えば大久保嘉人はこの試合にかける意気込みが相当に見えていた。本番で代表メンバーに入るために、このシリーズ(2月4連戦)でどれだけのプレーをするかが重要だと感じているハズだからね。
 まあ大久保の話はともかく。私がこの休み明けの初戦で不思議に思うのは、コンディショニングもそうだが、それぞれの基礎の技術がシーズン中よりも落ちていることですヨ。もちろんケガなどでボールを触れない選手もいるだろうが、サイドからのクロスといった一番初歩的で大切なポジションプレーが、前より下手になって出てくる。そしてシーズンに入ってまた少し伸びてゆく――という繰り返しになっているように見える。

――その原因はどこにあるのでしょう。

賀川:まあ、だいたい察しはつくが、それは別の機会にしておきましょう。
 試合の場面でいうと、前半に遠藤からのパスを長友佑都が左サイドのペナルティエリア近くからクロスを出すことになったとき、相手の足に当たって止められている。
 また、大久保が右サイドへ出て中へクロスを送った。彼は少し浮かそうとしたが、相手がその高さを読んで足を少し上げたからこれも不成功だった。
 内田篤人に代わって先発で右サイドを務めた徳永悠平も、クロスパスを送るという点では良くなかったネ。
 こういう技は調子が悪いとかいいとかいうものでなくて、ボールのどこを足のどこで蹴るかという形が身についておれば良いわけですヨ……。私は、それはシーズンオフでもシーズン中でも上手になろうと思えば上手になれると思っている。

――練習のスケジュールなどの問題もあるのでしょうが……

賀川:近ごろは練習するのにいろいろ制約もあるらしいけれど、必要な練習は繰り返さないと落ちますヨ。


【つづく】

KIRIN LOVES SOCCERへ

固定リンク | 日本代表(A代表) | コメント (0) | トラックバック (0)


【Result】2月2日 日本代表 vs ベネズエラ代表

2010/02/02(火)

キリンチャレンジカップ2010
2月2日(大分・九州石油ドーム)19:13
日本代表 0(0-0 0-0)0 ベネズエラ代表

【日本代表メンバー】
GK: 1楢﨑正剛
DF: 22中澤佑二(Cap.)4田中マルクス闘莉王、21徳永悠平→3駒野友一(59分)15長友佑都
MF: 25小笠原満男→26金崎夢生(75分)7遠藤保仁、8稲本潤一、14中村憲剛→20平山相太(59分)
FW: 16大久保嘉人→17香川真司(84分)9岡崎慎司→13佐藤寿人(75分)
SUB:18川島永嗣、23西川周作、12岩政大樹、15今野泰幸、6内田篤人、24石川直宏、2阿部勇樹、10乾貴士、19興梠慎三

【ベネズエラ代表メンバー】
GK: 1レオナルド・モラレス
DF: 18ジオバニー・ロメロ、3ホセ・マヌエル・レイ (Cap.)6ガブリエル・シチェロ、4カルロス・サラサール
MF: 8フランクリン・ルセナ→2グレンディー・ペロソ(84分)5ジャコモ・ディ・ジョルジ、20アグネル・フローレス→13フアン・フエンマジョル(73分)14アレハンドロ・ゲラ→10ヘスス・ゴメス(81分)
FW: 15アレハンドロ・モレノ→19エデル・ファリアス(90分)7フェルナンド・アリスティギエタ→9アレクサンデル・ロンドン(68分)
SUB:12ダニエル・バルデス、16ヘンリー・ペルニア、11ヘスス・ルゴ、17オルランド・コルデロ

固定リンク | 日本代表(A代表) | コメント (0) | トラックバック (0)


« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »