« 【Member】11月13日 日本代表 vs シリア代表 | トップページ | 11月13日 日本代表 vs シリア代表 »

【Preview】11月13日 日本代表 vs シリア代表

2008/11/13(木)

081113mdp83
1983年、同じくシリアを迎えたジャパンカップ(現・キリンカップ)のプログラム


2本柱不在のシリア戦、選手たちの工夫に期待

キリンチャレンジカップ2008 ALL FOR 2010!
11月13日19時20分キックオフ(兵庫・ホームズスタジアム)
日本代表 対 シリア代表



 神戸での「キリンチャレンジカップ2008 ALL FOR 2010!」対シリア戦と、ワールドカップ・アジア最終予選第3戦の対カタール戦(アウェー)のメンバーが発表された。

 中村俊輔をはじめとするヨーロッパ組はカタールで現地合流ということであり、また、12日にACL(AFCチャンピオンズリーグ)の試合があるガンバ大阪の遠藤保仁、橋本英郎、安田理大の3人は14日からの合流となっている。
 したがって、13日のキリンチャレンジカップを戦うのはガンバを除く国内選手ということになる。ヨーロッパ組を見られないのは残念だが、俊輔や遠藤という中盤の“大御所”がいないチームで、攻撃の組立てがどのようになるのかが面白い。中村憲剛や大久保嘉人、玉田圭司たちと香川真司が何を見せてくれるか楽しみだ。
 ディフェンダーは中澤佑二が欠けるが、その代表がどこまでやれるか――。右の内田篤人、左の長友佑都、どちらのサイドもできる駒野友一らのサイドからの崩しも、2本柱が不在なだけに、彼らの工夫を見たいものである。神戸出身の岡崎慎司もぼつぼつ、代表でこれまで以上のプレーを示して欲しいところだ。

 日本代表とシリア代表とは、これまで6試合して日本の5勝1分け(13得点6失点)。最初の対戦は1978年7月のムルデカ大会(クアラルンプール)で、日本代表が3-2で勝利を収めた。次は83年2月、日本代表が中近東遠征したとき(2-2)で、このときは岡田武史監督もMFで出場している(森孝慈監督)。
 国内での対戦の最初は83年6月のジャパンカップ・キリンワールドサッカー(現・キリンカップ)のとき。この大会は日本代表、ヤマハ発動機、ニューカッスル・ユナイテッド(イングランド)ボタフォゴ(ブラジル)シリア代表の5チームによる総当たりリーグで、ケビン・キーガンのニューカッスルが優勝した。天皇杯優勝のヤマハ発動機(杉山隆一監督)がボタフォゴに次いで3位となり、5位の日本代表よりも上位に入って話題となった。シリア代表は4位だった。

 このときのジャパンカップは、ケビン・キーガンという大スターに雑誌の企画でインタビューし親しくなったことと、シリア代表の団長さんを知ったことが記憶に残っている。
 ファルーク・ブゾーというこのときの団長さんは、長くレフェリーを務め、国際審判でもあった。のちにAFC(アジアフットボール連盟)の審判委員長となって、浅見俊雄副委員長(現・JFA殿堂委員)とともにアジアのレフェリーの能力アップに功績のあった人だ。83年当時はシリア協会の副会長で来日チームの団長を務めていた。
 岡山での試合のときに団長の記者会見があり、何かのはずみで私が通訳をするハメとなってから親しくなり、シリアチームの試合のフォトを進呈したところとても喜んで、テーブルクロスをお礼にと下さった。船軍の准将で王家の一族ともいわれた団長さんから頂いたシリア特産の金の刺繍の入ったテーブルクロスは立派なものだが、何しろ大きすぎた。我が家にはこのテーブルクロスに見合うほど大きなテーブルはないために、いまだにタンスのどこかにしまってある。


KIRIN LOVES SOCCERへ

固定リンク | コメント (1) | トラックバック (1)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【Preview】11月13日 日本代表 vs シリア代表:

» キリンカップのこと [キーワードフィッシュ]
キリンカップとはWikipediaより -- キリンカップ・サッカー キリンカップ・バスケットボール ブログから検索 Invitation from Argentinaどうせ国内のキリンカップとの折り合いなんだろうけど、毎年毎年招待チームがアフリカだったり微妙な西ヨーロッパや南米の国とやる...... [続きを読む]

受信: 2008/11/29 10:29

コメント

Мировое правительство планирует загнать всех в электронное рабство с помощью вируса орви:

Как сообщает BBC и экономист Мохамед эль-Эриан:
"из-за "коронавируса" в самое ближайшее время мир столкнется с экономическими проблемами, которые будут серьезнее и масштабнее всего того, что когда-либо переживало большинство населения развитых стран".

Вернее сказать, не коронавирус вызовет данные экономические сложности, а попросту он их “скроет” (так как назревали они давно) и народ поверит, что его счета обнулятся в пользу борьбы с вирусом простого ОРВИ, и сам может поддаться в “цифровое рабство”, введенное мировым правительством.
Могут внедрить такие неприятные вещи:
- запрет кэша
- “чипирование” и отслеживание через банковские карты
- принудительное обнуление банковских счетов
- введение принудительной вакцинации под прикрытием нераспространения вируса
- вакцинация может быть внедрением чипа с целью управления, как в концлагерях

Мы убедительно призываем Вас не паниковать и соблюдать все меры предосторожности.
Спец-операция “Коронавирус” – операция по внедрению паники и страха населению с целью деления мировых ресурсов, введению концлагерей и цифрового рабства мировым правительством.

Как Вы видите, выиграть в лотерею вероятность значительно больше, чем заболеть каким бы то ни было вирусом.
В такое неспокойное время важно быть финансово независимым. Мы лишь можем предложить один из вариантов быстрого прироста капитала.
Не забывайте: <a href=https://agentlotto.org>Про… любовь! 10 Джекпотов и невероятные шансы на выигрыш!</a>
Ну, а как правильно распорядиться деньгами в столь неспокойное для мира время, я думаю, Вы догадываетесь !?

投稿: Killbillnug | 2020/09/16 16:41

コメントを書く