« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

2008年10月

10月9日 日本代表 vs UAE代表

2008/10/09(木)

快速突破、反転、切り返し…新代表の個性に瞠目

 シュート、キックの精度は日本全体の問題


キリンチャレンジカップ2008 ~ ALL FOR 2010! ~
10月9日(新潟・東北電力ビッグスワンスタジアム)19:24
日本代表 1(0-0 1-1)1 UAE代表
得点者:香川(日 72分)アルハマディ(U 77分)

【日本代表メンバー】
GK: 18楢崎正剛
DF: 2 寺田周平→15高木和道(46分)22中澤佑二(Cap.)27長友佑都、25内田篤人
MF: 10中村俊輔→26香川真司(70分)8稲本潤一→14中村憲剛(65分)17長谷部誠
FW: 11 玉田圭司→13興梠慎三(57分)16大久保嘉人→9佐藤寿人(82分)24岡崎慎司→12巻誠一郎(82分)
SUB:1川口能活、23川島永嗣、3駒野友一、28森重真人、21青木剛、5今野泰幸、20森島康仁

【UAE代表メンバー】
GK: 1ナセル
DF: 8ハイダル・アリ、14サイード、5ジュマ、18マララー→21オスマン(46分)3メスマーリ
MF: 16イブライム(Cap.)→9ナワフ・ムバラク(64分)6ジャベル、20アメール・ムバラク
FW: 10マタル、7アルシェヒ→15アルハマディ(74分)
SUB:22ラビー、12アルタウィラ、19ハサン、17アッバス、4ファエズ、13アハメド・ムバラク(ダダ)2モアダド、11モハメド

――たくさんチャンスはあったけれど、結局は1-1。今度のキリンチャレンジカップの収穫は?

賀川:興梠慎三(こうろき・しんぞう)だろうね。それに岡崎慎司も良かった。

――香川真司も19歳で点を取った。戦後では史上3番目の若さだそうだが…

賀川:香川は、まあ、あのシュートの位置へ出ていったことを誉めるべきだろう。この右足シュートでの得点のあと、胸でのトラッピングからの右のボレーシュートはバー越え、また、ヘディングも右外へはずしている。本人もまだまだと思っているだろう。代表初ゴールは記録や記念にはなるが…。

――興梠のスピードと反転を前から買っていた?

賀川:この試合で、日本代表にもペナルティエリア内で反転するプレーヤーが出てきたなと思わずニンマリした。
反転といえば1970年ワールドカップ得点王のゲルト・ミュラー(西ドイツ)が有名で、74年大会の西ドイツ対オランダの歴史に残る決勝ゴールも一種の反転シュートだった。

――すごい!! ゲルト・ミュラーと比べるのか?

賀川:身長は同じ175cmで、ミュラーはドイツ人としては背は低い方だがガッシリとして、腰が安定していた。それが、高速ダッシュのあとの反転の基盤だった。
興梠は175cm、ガッシリしたところはよく似ている。スタートダッシュの早さがいまの日本選手のなかでも際立っている。

――反転の効果は?

賀川:シュートチャンス、あるいは突破のチャンスに、「いまはダメ」ということになることもある。そのときにターンして、そこからシュートあるいは突破、またはパスなど選択ができる。ペナルティエリア内でこういう反転プレーが入ると(シュートチャンスを逸することもあるが)、相手はファウルが怖いし、仲間にとってはいいポジションを取るための間(ま)が生まれることになって、パスを受けやすくなり、シュートのリバウンドにも対応できる。

――そういえば香川のゴールも中央の興梠のファーサイド(左側)に香川が入っていってシュートした。

賀川:後半27分のこのゴールは、右サイドで大久保、内田のパスのやり取りから大久保が左足でクロスを送り、相手DFの2人の間のスペースに入った興梠がヘディングした。ボールはバーに当たってはね返った。それを内田が拾ってゴールライン近くまで持ち込み、中へグラウンダーのクロスパスを送り込む。ニアサイドの興梠の後方を通り中央へボールが出てきたところに香川がいた。いわば2段攻撃となって香川はノーマークだった。

――彼には、何かの対談のときに点を取れと言ったとか?

賀川:もともといいパスを出して攻撃を組み立てて、ゴールが決まったときに「どうだ、僕のパスを見てくれたか――」というような気持ちを持つ方だったそうだが、いいパスを出し、そのあとシュートポジションへ走り込むことをもっとやって欲しいと話した。それが効いたのかどうかは別にして、自分が決めることでまたプレー・メークも上達するハズだ。

――岡崎は?

賀川:岡田武史監督が岡崎をスタートから出したのは、彼の実践的なところを確かめたかったのだろう。キックオフ早々に相手のMFのドリブルに絡んでボールを奪い、そのパスを受けた玉田が倒されてFKを取ることができた。俊輔のこのFKはグラウンダーを左ポスト側へ蹴って、GKナセルが防いだ(俊輔はもう1本後半のFKを右上へ蹴って、やはりGKが防いだ)。
この相手ボール奪取にも見られるように、岡崎は絡んでも絡まれても粘り強いのと、ランが途切れない。前半にエリア内右寄りでタテに走って俊輔からのパスを受けて反転して、左足シュートをした。失敗はしたが、走った勢いで右足ダイレクトシュートかと思ったのに切り返して左足に持っていった。成功はしなかったが、これがやれるというのは興梠のスピード、そのあとのターンとはまた別の形のランと反転ができるということ。いわばそういう粘っこさがあるということだ。

――玉田圭司や大久保嘉人とはまた別の……

賀川:玉田は173cm、大久保は170cm、岡崎173cm、興梠175cm――と、佐藤寿人(170cm)を含めていわゆる大型FWではないが、玉田も大久保もスピードが一つの持ち味で、新しい2人はそれに反転と粘っこさが加わっている。反転は別の形でいえば“切り返し”でもあるけれど、この切り返しはときおり話しているように一種の“引きワザ”でなければ取られやすい。それを興梠はまずスピードで脅しておいての切り返しだから成功することが多い。

――じゃ、若い3人は新戦力として役立つ

賀川:戦力になりうるだろう。ただし、それはシュートがうまくできるかどうかにかかってくる。たとえば、岡崎はいいシュートポジションを見つけて走り込み、そこでプレーをする、あるいはそこへのパスが潰されたあとも、すぐ次のポジションへ移る。いわば立て直しの移動のランがうまいし、労を惜しまない。かつての日本代表、森島寛晃と同じだろう。シュートは上手なハズだが、まだ代表では見せていない。その点がこれからだろう。
今度の試合の得点シーンのように、攻撃が一つの波だけでなく一波、二波と繰り返してその揺さぶりでノーマークの場面を増やしたのが、対UAEの収穫だと思う。
対ウズベクで使うかどうかはともかく、この選手が入ればこういう攻めができるという実験をしただけでも監督さんにはプラスだろう。

――シュートはまだ課題

賀川:チームのコンセプトは監督やコーチの指導やヒントで作ることはできるし、攻撃の組み立てもある程度はできるだろう。点を取れるかどうかはプレーヤーの仕事になる。練習をしないプレーは試合で成功しないものだヨ。

――最終予選の第2戦を前にして、これで良いのかナ

賀川:岡田監督のおかげで、日本代表の候補にはいろいろなタイプのプレーヤーがいることを見せてもらって、本当に面白かった。ただし、せっかくいい選手が集まっても、何人かは別にして、精密なキックということになるとまだまだだし、シュートという点では皆さんも見てのとおり。
相手の得点はイスマイル・アルハマディが1人でドリブルし、左タッチ沿いで奪われかけたのを持ち直し、中央へ持ち込んでシュートして決めている。世界中、たいていの代表チームにこの程度のFWは2人くらいはいるものだから、どこと試合をしても失点1は計算しておいた方が良い。こちらが2点以上取ればいいのだから。

――シュート力不足は未解決のまま。

賀川:これは大型CF(センターフォワード)の問題とともに、世界のトップクラスを目指すためには日本全体の底上げだろうね。それでも、今のチームのなかで1人でも2人でもゴールを奪うコツをつかみ、自分の能力に目覚めてくれればガラリと変わるだろう。チームの後方と中盤の骨組みはできていて(おっと、クロスの精度はまだだが…)優秀なパサーがいる。大久保だって、9日の超不出来を取り返す気になっているだろうしね。
今度のキリンチャレンジカップは目前のウズベキスタン戦のための調整ともう少し遠くを見てのチーム全体のレベルアップを考えての選考だったハズ。ピックアップされて、ウズベク戦の候補から外された人も励みになったハズだから、自分のチームでさらに努力して力を備えてほしい。


KIRIN LOVES SOCCERへ

固定リンク | 日本代表(A代表) | コメント (0) | トラックバック (1)


【Preview 2】10月9日 日本代表 vs UAE代表

2008/10/08(水)

背水のUAEを迎えて、対ウズベク戦のリハーサル


キリンチャレンジカップ2008 ALL FOR 2010!
10月9日19:20キックオフ(新潟・東北電力ビッグスワンスタジアム)
日本代表 対 アラブ首長国連邦(UAE)代表


A:今日は対談の形でゆきましょう。
この試合は、10月15日(水)の対ウズベキスタン戦(埼玉)に備えての、日本代表の最終テストとも言えますネ。

B:そう、ことしのキリンチャレンジカップは“ALL FOR 2010!”のタイトルがついているように、すべて2010年FIFAワールドカップを目指すもの。このUAE戦は1週間後のアジア最終予選第2戦を控えた代表選手にとって大事な試合となる。彼らは今日10月7日に集結して9日にUAE戦、中5日をおいて15日の試合に臨む。

A:この2試合のために招集される選手はGK3、DF9(※当初は8、寺田の追加招集で9に)、MF8、FW7人の合計27人。海外組の中村俊輔、稲本潤一、長谷部誠も入っている。
DFに大分の森重真人、FWに清水の岡崎慎司、鹿島の興梠慎三(こうろき・しんぞう)森島康仁(もりしま・やすひと)が入りました。

B:最終予選の第1戦、対バーレーン戦(9月6日、マナマ)は3-2で勝った。3-0から87分と88分に失点して、終わりごろはよくなかったが、まずアウェーで勝点3を取った。

A:玉田圭司、田中達也といったトップの守備、ことに奪われた直後に奪い返す素早い守りが成功して日本のペースとなりました。

B:バーレーン戦の直前のキリンチャレンジカップでウルグアイと戦い、無残な戦いぶりになった(8月20日、1-3)が、それが薬になって日本チームの特色を出せた。
岡田武史監督は、第3次予選突破の間にあるていど選手たちの間に自分の考えが浸透したと思ったのが、代表チームを解散して、しばらくぶりに集まったら攻から守へ、守から攻への切り替えの早さとか連動性といったものが消えていた。そして、そういう組織で守り、攻めること、そのための動きの量や早さが乏しければ1対1に強いウルグアイを相手に惨めなことになることを、選手たちは改めて思い知らされた。

A:その反省がいい方に出たと――

B:もちろん、岡田監督も選手たちにそう強調しただろうが、選手たちもしっかりと考えただろう。

A:バーレーン戦はスタートから違っていたと。

B:日本の早い集散、失ったボールを高い位置で奪いにゆく、それも複数が協力してね。
その早い動きにバーレーンの選手たちはおそらく驚いただろう。日本と対戦した経験はあっても、しばらく忘れていたハズ。ああいう素早い動きで攻め、守るチームは世界にそうないし、自分たちのリーグでは経験することは少ない。

A:いわば異質のサッカー――

B:そう、別の見方をすれば、サッカーというのはあくまで1対1の戦いが基調なんだが、日本代表の場合は日本の特色を生かすために早い動きとその運動量で相手をしのぐやり方だ。これは、いまに始まったことではなく、1936年のベルリン・オリンピックでもそうだった。

A:そんないい戦いをしながら、終盤に2点取られた。

B:相手が10人になって、しかも3-0。誰だって気が緩むだろう。疲れも出てきて動きが鈍くなる。すると相手は1対1の場面でボールを取り攻めに出れば、こちらの人数が多いという条件は消えてしまう。2点取られたのはよくないが、私はいい反省材料になったと思う。

A:動きの量を落としてはいけないと?

B:もちろんそうだが、90分間フル回転できるかどうか、そこに、今度は1対1の能力、体の強さや走る早さなど、もちろんシュートの正確さ、パスの確かさなどを、代表の一人ひとりが自分で伸ばすことを考えなければならない。


ベテランMFと若手FWの組合せ

A:監督をはじめスタッフはより高い能力を求めることになる?

B:今度のオリンピック世代の若い選手が必ずしもいまの時点で常連選手より上かどうかは別にして、少しでも可能性のあるプレーヤーを試したいのは監督さんとして当然だろうね。

A:点取り屋のFWが少ないという声が多いから、3人の若手FWに期待がかかる?

B:チームの練習で見てみたいのか、実際にキリンチャレンジカップの舞台で試してみるのか――だが、岡崎はともかく動きの止まらないプレーヤーで、ひとつの穴を見つけて走り込んだあとすぐ次にいいところがあれば移動する。競り合って点を取るコツが身についているように見える。それがJだけでなく代表レベルでどうか。見てみたいプレーヤーだね。
興梠(こうろき)というのは私たちには珍しい名前だが、九州・宮崎県高千穂町には割合多い姓らしい。本人も宮崎出身。鹿島で得点を重ねているが、ドリブルがうまくスピードがあり、ウラへ入るのが早い。ただし私が見たACL(アジアチャンピオンズリーグ)のテレビでは2回走り込んで2回とも右に持ちかえて潰されていた。得意の形にこだわるところがいいのか、左足でスパッと蹴れないのかはともかく、点を取りにゆこうという意欲はありそう。

A:森島はよく知っているでしょう?

B:セレッソ大阪にいたから、ナマで何度も見ている。滝川第二出身だし……。
体が大きくてしっかりしている。身長は巻誠一郎(184cm)より2cm高く、代表ではDF寺田周平(189cm)DF高木和道(188cm)GK楢﨑正剛(187cm)中澤佑二(187cm)に次いで5番目の高さだ。
現代のゴール前での多数防御を破るひとつのテはヘディングで、そのために長身でヘディングの強いFWは大切なポイントでもある。ヨーロッパでは大男の少ないハズのイタリアが2006年に196cmのFWルカ・トーニを持ってきたのはご承知のとおり。セレッソで小柄な森島寛晃(モリシ)と対照的にデカモリシと呼ばれていたが、私が期待していたほどには伸びていない。だが、体が大きく、しかも強くて、そこそこの技術があるということに加えて、ゴールへの意欲も強いし、体を張ることもいとわないから、大切な素材であることは間違いないところ。

A:大分へ行ってから注目されています。

B:シャムスカ監督の使い方のうまさもあるだろうが、ウェズレイというベテラン・ストライカーがいることがプラスになっていて、いま自分のいいところを出せばいいという立場にある。それが活躍のもとだが…。

A:彼自身の成長のきっかけになればいいですね。

B:もちろん、そう願うヨ。しかし別の見方をすれば、いまのデカモリシをも招集するということは、岡田監督の、日本全国の指導者へのメッセージとみてもいいのじゃないか。大久保嘉人や佐藤寿人、玉田圭司といった小柄で早いストライカーもいいが、巻以外にも、大型で体の強いCF(センターフォワード)がほしいのだと――。

A:UAEは最終予選で日本と別のグループで戦って2敗しています。何とか立て直しを図るためにも、このキリンチャレンジカップは大事な試合と考えているでしょう。互いに調子を高めるため、真剣で面白い試合になるでしょう。

B:その中で、中村俊輔たちのベテランと組む若い力も見てみたい。

固定リンク | 日本代表(A代表) | コメント (0) | トラックバック (0)


« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »