« 8月22日 日本代表 vs カメルーン代表 | トップページ | 1月30日 日本代表 vs ボスニア・ヘルツェゴビナ代表 »

1月26日 日本代表 vs チリ代表

2008/01/26(土)

監督は代わっても日本流サッカーの進化は続く

キリンチャレンジカップ2008
1月26日(東京・国立競技場)19:10
日本代表 0(0-0 0-0)0 チリ代表

【日本代表メンバー】
GK: 1川口能活(cap)
DF: 22中澤佑二、3駒野友一、25内田篤人→21加地亮(71分)
MF: 7遠藤保仁、14中村憲剛→10山瀬功治(80分)13鈴木啓太、6阿部勇樹、9山岸智→8羽生直剛(57分)
FW: 19高原直泰→16大久保嘉人(62分)12巻誠一郎→20矢野貴章(80分)
SUB: 18楢崎正剛、23川島永嗣、5坪井慶介、4岩政大樹、15水本裕貴、24橋本英郎、2今野泰幸、11播戸竜二、17前田遼一

【チリ代表メンバー】
GK: 1ミゲル・ピント
DF: 18ゴンサロ・ハラ、5ハンス・マルチネス、4ロベルト・セレセダ
MF: 11ゴンサロ・フィエロ、2マルコ・エストラーダ、17ガリー・メデル、16マヌエル・イトゥーラ(Cap.)10ペドロ・モラレス
FW: 13ジャン・ボセジュール、7エドゥアルド・ルビオ
SUB: 12クリストファー・トセリ、3オスバルド・ゴンサレス、15ラファエル・カロカ、8フェルナンド・メネセス、14ホアン・ムニョス、9マティアス・ビダンゴシー、6ポリス・サグレド

ダゴさんのチリ国歌

◇46年前の開催国大会の3位の栄光のあと、チリはワールドカップに4度出場したが、ベスト8に届くことはなかった。
  2010年の南米予選はすでに始まり、10チームのホーム&アウェー総当りリーグで昨年の11月7日までの各チーム4試合終了時でチリは1勝1分け2敗、得点4失点7で7位とやや不振。4位までが本大会へ、5位は北中米カリブ海地域のチームとのプレーオフに勝つことが出場の条件となっている。
  こういう形勢のなかで、今年6月に再開される予選を控えて、代表強化はアルゼンチン人監督のマルセロ・ビエルサ監督にとっての急務、キリンチャレンジカップでの東アジア遠征(このあとの韓国戦を含めて)は新しいメンバーを選ぶチャンスとなっている。
 来日メンバー18人は24歳(4人)を年長に23歳(4)22歳(3)21歳(2)20歳(1)19歳(1)18歳(3)と若手ばかりで、1月初めから合同練習を始め20日からJヴィレッジで合宿練習したのも、この遠征にかける熱意の表れだろう。南米予選のレギュラーは3~4人で準代表といえるメンバーだが、モチベーションが高く、準備も充分だった。

◇先発メンバーの平均年齢は日本が26.5歳、チリは22.7歳。経験ではこちらのほうが上で、しかもホームグラウンドでありながら、日本側が苦戦したのは、相手の方が選手個々の調子がそろっていたからだろう。
 もともとチリの選手は体格は大きくなくても、1対1のボールの取り合い、奪い合いの粘り強さには定評がある。私は87年の南米選手権であのディエゴ・マラドーナ(86年W杯優勝・アルゼンチン主将)がチリの選手にからまれて、ほとんどいいプレーができなかったのを見たことがある。その伝統は、今度の若手にも生きていた。手をからめ、足をからめ反則を交えつつ、相手の動きを封じるところ。また“ここでボールを奪われてはピンチになる”と見たときには反則覚悟で(それもさり気なく)つぶしにくる狡猾さも備えていた。

◇こういう相手がプレッシングをかけ続けてくれば、日本側の試合展開は難しくなる。試合全体では4分6分、前半は相手優勢との印象となった。
 それでも前半9分に巻誠一郎、38分に高原直泰のシュートチャンスがあった。1本は中央左寄りで3本のパス交換のあと遠藤―巻とラストパスがつながったもの。巻のトラッピングが少し内に入ったのが惜しかった。高原のシュートは巻が相手ボールを奪ってパスをしたもので、高原はペナルティ・エリアすぐ外、中央右寄りでノーマークとなったが、トラッピングが外へ流れ、踏み込みが遠くなってボールは右上へそれた。

大久保のシュート

◇ スタンドの観客もテレビ観戦者も、この日は岡田イズム云々よりも後半に高原と交代した大久保嘉人の4本のシュートに驚いたハズ。1本目は62分に交代してすぐ、相手バックラインの裏へ走り、GKミゲル・ピントのミスに乗じてボールを奪いシュート(オーバー)。65分に左サイドへ飛び出し、ボールを受けて中へ入ってシュート(オーバー)。3本目は遠藤の右CKをヘディング(GKに防がれた)。86分の4本目は矢野貴章へのロングボールのコボレ(相手DFが矢野をプッシングで倒した)を大久保がDFに競り勝ってのダイレクトシュート(オーバー)だった。この試合90分間の10本のシュートのうち、大久保だけで4回もシュートし、しかもそれが全て成功しなかったのだから……。

◇日本代表にも良い点はいくつかあった。まず、右サイドに内田篤人を起用したこと。このポジションには滝川二高出身でセレッソ大阪にもいたことがあり私自身も注目し続けている加地亮がプレーしているが、彼との比較は別にして、ボールを持つときにキープやドリブルに自信があり、足が早く、フォームの良い内田が若いうちから代表で働くことは彼にも代表にもいいことだと思う。ボールを奪われない自信があるから、相手を前にして落ち着きがあり、姿勢が良いので視野が広く、パスコースの選択もできる。守備面もまずまずだった。

◇遠来のチリ側が後半になっても選手交代をしないのに、日本側が交代を5人送り込んだが、それぞれの特徴が生きたこと、特に大久保の瞬間的なダッシュの早さとDFラインの裏へ出る動き、相手にとってそれまでの高原や巻とは違うタイプだったから効果があったハズだ。
 ただし、得意の右足シュートを3本とも決められなかったこと、それも(1本目はゴールカバーのDFの頭上を抜こうとしたのだろうが)3本ともバーを越えたのは残念なことだった。こういうチャンスを作りながらなぜシュートを失敗したのか、彼自身もコーチもその原因を突き止め、修正しなければなるまい。

◇ 岡田武史監督は「接近、展開、連続」という指針を打ち出した。それをどうピッチ上で表現するかも反復練習するだろうが、試合中の状況に応じて、その時々の判断は選手がするべきもの――という考えを持っているハズ。指針は示しても教条主義でないところが試合中のチームに表れていたのも(当然ながら)良かったと思う。

 第1戦の0-0、決して満足とはいえないが、全体としてはいい流れで進んでいるように見えた。

KIRIN LOVES SOCCERへ

固定リンク | 日本代表(A代表) | コメント (0) | トラックバック (0)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 1月26日 日本代表 vs チリ代表:

コメント

コメントを書く